履歴書の書き方講座

履歴書の書き方画像

キャリアコンサルタントが教える履歴書の書き方のポイント!

医療・介護業界に精通したキャリアコンサルタントが、採用担当者が見ているポイントなどを踏まえ、履歴書の書き方を教えます。一般企業と同じく、医療・介護業界でも、履歴書は採否の判断材料の要となります。「履歴書の書き方が分からない」「ワンパターンになってしまう」「志望動機ってどう書けばいいの?」など、履歴書作成にお悩みの方は必見です。履歴書作成のポイントを押さえて、書類選考の壁を突破しましよう!

STEP.1書き始める前に

◎ 文字は自筆で、できるだけ丁寧に書きましょう。鉛筆は不可。
◎ 間違えても、修正液や修正テープで直してはいけません。間違えたら、新しい用紙に書き直します。
◎ 履歴書をコピーして提出してはいけません。毎回手書きで作成しましょう。
◎ 写真は3ヶ月以内に撮影したものを添付します。写真も印象が良いものを貼りましょう。

キャリアコンサルタントから一言

求職者ご自身を商品に例えるならば、履歴書は商品を宣伝するための広告や説明書と言えます。しっかりと自己アピールを行って「採用したい!」と思わせるような履歴書を作りましょう。 面接を担当した方が、採用権を持っているとは限りません。面接担当者が得た情報や印象を人事部長や院長などの上役に報告し、面接担当者の意見や履歴書から採否を決定する事も少なくありません。 しっかりとした履歴書を作成する事が、就職・転職成功への第一歩となります。

STEP.2基本情報の書き方

基本情報画像

キャリアコンサルタントから一言

履歴書の写真は、3ヶ月以内に撮影した証明写真を使うようにしましょう。プリクラやピースなどのポーズをした写真はもちろんNGです。採用担当者の中には、履歴書に添付されている写真の表情から、仕事への意欲や性格などの人物像をイメージする方もおります。 服装は必ずスーツでなければいけない訳ではありませんが、ジャケットを着用した方が好印象です。口角を上げ気味に、目は心持ち大きく広げると、表情からやる気や積極性が伝わります。女性の場合、前髪が長めだと暗い印象を与えますので注意しましょう。 少し予算があるのであれば、写真館などのスタジオで撮影してみると、印象がグンとあがります!

日付

履歴書を提出する日付かポストに投函する日付を記入しましょう。

写真

3ヶ月以内に撮影した写真を添付します。スナップ写真を切り取ったものやプリクラなどは不可です。

氏名・ふりがな

氏名は記入欄に合わせ大きめに書きましょう。履歴書の「ふりがな」「フリガナ」に合わせてひらがな、またはカタカナで書きましょう。

生年月日

送付時の年齢を記入しましょう。履歴書全体で、西暦表記か年号表記のどちらかに統一しましょう。

住所

都道府県名から省略をせずに記入しましょう。マンション・アパート名も忘れずに記入しましょう。

電話番号

日中に連絡が取りやすいものを記入しましょう。自宅の固定電話が無い場合は、携帯電話でも問題ありません。

メールアドレス

個人で使用しているメールアドレスを記入しましょう。会社や病院で使用しているアドレスは不可です。-(ハイフン)や_(アンダースコア)は間違えやすいので、はっきり記入しましょう。

写真

履歴書を提出する前日か当日の日付を記入しましょう。

STEP.3学歴・職歴の書き方

学歴・職歴画像

キャリアコンサルタントから一言

学歴・職歴の欄には、書き方のルールがあります。一番上の中央に「学歴」を記入し職歴を書く欄の一番上の中央に「職歴」と見出しを記入しましょう。「賞罰」についても同様に、中央に見出しを記入します。職歴に関しての注意点ですが、、病院名・施設名・法人名などの名称を省略せずに、正式に記入しましょう。
また、病院の場合には「入職」、会社の場合には「入社」と書きます。病院名の下の欄に勤務した部署名(内科・整形外科など)を記入し、「勤務」と書きます。(例:産婦人科にて勤務)
退職についてですが、病院の場合は「退職」、会社の場合は「退社」と書きます。自己都合での退職(退社)の場合は「一身上の都合により退職(退社)」と記入します。 最終職歴の下に「現在に至る」と記入する事も忘れずに。

学歴

原則として、最終学歴のひとつ前の学歴から記入します。高校卒業から書き始めるのが一般的です。中央一番上に「学歴」と見出しを書くのを忘れずに。西暦か年号かは履歴書内で統一させます。 学校名は省略せずに正式に書きましょう。「高校」ではなく「高等学校」と書きます。学校名の後にスペースを少し空けて「入学」「卒業」「中退」などを記入します。中退した場合は、下の欄に理由を一言添えると良いでしょう。(例:健康上の理由により退学・家庭の事情により退学・進路変更のため退学 など)

職歴

時系列順に記載します。職歴を書く欄の一番上中央に「職歴」と見出しを書く事を忘れずに。病院名・施設名は略さずに、法人名等も含め正式に記入します。 病院の場合には「入職」、会社の場合には「入社」と書きます。退職についても同様に、病院の場合は「退職」、会社の場合は「退社」と書きます。 病院名の下の欄には、勤務した部署名を記入しましょう。最終職歴の下には「現在に至る」と記入する事も忘れずに。

STEP.4志望動機の書き方

志望動機画像

キャリアコンサルタントから一言

志望動機についてですが、良い志望動機を書くには、応募先の事を十分にリサーチする事が重要です。病院・施設のホームページなどは一通り目を通して、他の病院や施設との違いや特徴などを見つけましょう。経営方針や力を入れている事など、共感したり賛同できる点を動機にすると、書きやすいでしょう。 ご自身の過去の職務経歴を絡め、応募先の病院・施設でその経験をどの様に活かせるかを具体的に書くと、意欲が伝わるでしょう。志望動機は採否の判断材料の要となりますので、じっくりと時間をかけて、熱意をアピールしましょう。

志望の動機

志望動機は、履歴書の中でも特に気を付けたい重要な項目です。空欄はもっての外で、「貴院の理念に共感したため」など、どこかで聞いたようなフレーズを丸写ししただけでは熱意は伝わりません。応募先の情報を入念にリサーチした上で、応募先の病院・施設に興味を持つようになったきっかけや、どんな部分に共感したのかを、ご自身のキャリアや目標に結び付けて具体的に書くようにしましょう。 面接においても、志望動機に関して質問される可能性が高いので、口頭でもしっかり伝えられるようにしておく事がポイントです。

STEP.5免許・資格・本人希望欄の書き方

学歴・職歴画像 学歴・職歴画像

キャリアコンサルタントから一言

免許・資格欄には、なるべく応募先に関連性のある免許や資格を書くと良いでしょう。本人希望欄についてですが、本音を言えば、給与や休日、勤務時間についてなど、それぞれ希望の条件はお持ちだとは思いますが、履歴書では、「貴院(貴社)の規定に従います」とだけ書いておくと良いでしょう。配属先の希望がある場合は、希望する部署を記入しましょう。
給与や休日などの条件の交渉は、医療・介護業界に精通したキャリアコンサルタントが代行致しますのでお任せ下さい!

免許・資格

資格・免許の名称は略さず正式に書きましょう。(例:自動車免許=普通自動車第一種運転免許)免許は「取得」、検定は「点数や級」、資格は「認定」と書きましょう。(例:看護師免許 取得 実用英語技能検定 準2級 など)なるべく業務に関連する資格や免許を記入するようにしましょう。現在習得のために勉強中のものも積極的に記入しましょう。

通勤時間

電車・バスなどの公共機関や徒歩を含めた通勤時間を記入しましょう。通勤時間が90分以上かかる遠隔地からの応募の場合には、転居の可否などを「本人希望欄」などに記載すると良いでしょう。

扶養家族数・配偶者・配偶者の扶養義務

扶養家族数とは、自分の収入で養っている家族の人数の事です。配偶者・配偶者の扶養義務については、配偶者がいる場合「有」に○を付けます。内縁の夫がいる場合にも配偶者は「有」となります。配偶者がいない場合、配偶者の扶養義務の有無には○をつけなくて結構です。

特技・趣味・得意科目など

面接で話題になる事もあるため、「特になし」や空欄のままはNGです。趣味や特技の話題から話が弾む事もあるので、少しでも興味があるもので構わないので、記載しましょう。ギャンブルなど、採用担当者が懸念を抱くような趣味は控えた方が良いでしょう。

本人希望欄

原則的には「貴院(貴社)の規定に従います」と記載します。配属希望の部署がある場合は記入しましょう。病院や施設が経営する託児者がある場合などは、「託児所の利用を希望いたします」と記載しても良いでしょう。給与や待遇についての希望は避けましょう。

特技・趣味・得意科目など

面接で話題になる事もあるため、「特になし」や空欄のままはNGです。趣味や特技の話題から話が弾む事もあるので、少しでも興味があるもので構わないので、記載しましょう。ギャンブルなど、採用担当者が懸念を抱くような趣味は控えた方が良いでしょう。

履歴書や職務経歴書のサポートは、医療・介護専門キャリアコンサルタントにお任せ下さい!
給与や条件面の交渉も代行致します。まずはお気軽にご登録下さい。