医療ニュース

  • 冠動脈ステント治療後に生じる冠攣縮反応に腎動脈交感神経除神経治療が有効か-東北大

    東北大学は、冠動脈ステント治療後に治療部分近くに生じる冠攣縮反応に対して、カテーテルで腎動脈交感神経を除去する治療が有効であることを世界で初めて報告する研究結果を発表した。

    2017/08/24 12:45:34

  • 脳や脊髄の傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明-阪大

    大阪大学は、膵臓から産生されるホルモン様物質「FGF21」が脳や脊髄の神経回路を修復することを明らかにした。。

    2017/08/24 12:30:06

  • 新規エイズウイルス感染細胞除去法「Lock-in and apoptosis法」を開発-熊本大

    熊本大学は、新規のエイズウイルス感染細胞除去法として「Lock-in and apoptosis法」を開発したと発表した。

    2017/08/24 12:15:05

  • ギルテリチニブ、造血幹細胞移植後の維持療法薬としてP3試験開始-アステラス

    アステラス製薬株式会社は、FLT3/AXL阻害剤「ギルテリチニブ」の国際共同第3相試験の最初の患者への投薬が開始されたと発表した。

    2017/08/24 11:45:46

  • うつ病診断、インスタグラムの写真を用いたコンピュータプログラムで7割の検出率

    写真や動画を共有するSNSのインスタグラムに投稿される写真の中に、投稿者がうつ病であるかどうかを予測する手掛かりがあることが新たな研究で示された。

    2017/08/24 10:00:08

  • 「神の手」が教えてくれたこと…Dr.中島の新・徒然草

    脳神経外科の「神の手」の持ち主、福島先生の手術を見学した中島先生。超絶技巧の数々に驚かされつつも、その神髄はもっと別のところにあったようです。

    2017/08/24 10:00:00

  • GLP-1受容体作動薬の疑問を森豊氏が解説!

    良い適応となる患者像や、DPP-4阻害薬との違い、効果的な併用薬の選択など、多くの先生から寄せられたGLP-1受容体作動薬に関する疑問について、森豊氏が解説します。

    2017/08/24 10:00:00

  • 国宝や重要文化財の公開日数の制限緩和へ 文化庁

    国宝や重要文化財に指定されている美術工芸品の公開日数について、年間60日以内としている現在の制限を緩和する方針を文化庁の専門部会がまとめました。文化財を観光資源として活用を図る方策の一環で、材質が頑丈で保存状態に問題がない場合は公開期間を延長できるとしています。

    2017/08/24 06:07:45

  • 地域の高齢者の健康寿命は果たして伸びているのか/Lancet

     英国65歳高齢者の平均余命は、男女ともに4年以上延長したものの、そのうち自立した状態で生活できる期間は、男性で36.3%、女性ではわずか4.8%にすぎないことが明らかにされた。平均して男性は2.4年間、女性は3.…

    2017/08/24 04:00:00

  • ニーマンピック病C1型へのHPβCDの可能性/Lancet

     ニーマンピック病C1型(NPC1)の患者に対し、2-ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(HPβCD)を髄腔内投与は、病状進行を遅らせる可能性があるようだ。またその安全性については、中間~高周波の聴力損失が…

    2017/08/24 04:00:00

  • 魔法ってないのかな?(解説:岡村 毅 氏)-718

    私たちの「こころ」や「意識」と呼ばれるものが形而上のものなのか、形而下のものなのかという問題はさておき、脳という電気活動の集合が関与していることは明らかであり、外部からの電気刺激が影響を与えるであろ…

    2017/08/24 04:00:00

  • SSRI治療抵抗性うつ病への効果的な増強療法

     うつ病女性において標準的な治療では十分な効果が得られないことがある。クレアチン水和物や5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)による従来の抗うつ薬治療の増強療法は、女性のうつ病に関連するセロトニン産生や…

    2017/08/24 04:00:00

  • がん発症後、動脈血栓塞栓症リスクが2倍以上に

     がん患者の動脈血栓塞栓症リスクの疫学的な関連をより明確にするため、がんステージの影響を含めて、米国Weill Cornell MedicineのBabak B. Navi氏らが検討したところ、新規がん発症患者において、動脈血栓塞栓症…

    2017/08/24 04:00:00

  • 大腿静脈カテーテル、望ましい穿刺位置と肢位は?

     大腿静脈カテーテル挿入は、血管の断面積(CSA)が大きな部位で行うと合併症リスクが減少する可能性がある。今回、ポーランド・Maria Sklodowska-Curie Memorial Cancer CenterのDorota Czyzewska氏らが、3つの肢…

    2017/08/24 04:00:00

  • 脳卒中後の抗血小板薬による出血リスクを予測する10の因子

     脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の患者に再発予防のために投与される抗血小板薬には出血リスクがある。オランダ・ユトレヒト大学医療センターのNina Hilkens氏らは、過去に発表された6件の臨床試験のデータに基…

    2017/08/24 04:00:00

  • ROS1肺がん治療薬と診断薬の承認にLC-SCRUM-Japanの研究成果

     国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、東京都中央区)は2017年8月18日、同センター東病院での多施設共同研究全国肺がん遺伝子診断ネットワークLC-SCRUM-Japan(研究代表者:同東病院、呼吸器…

    2017/08/24 03:59:00

  • 英国の健康格差対策で平均寿命格差が縮小

     1997〜2010年に英国政府はイングランドで、健康格差を縮小するために、医療サービスのみならず、ライフスタイル、教育、住居、所得、雇用など、生活全般を改善するための総合的な対策を、特に貧困地域を対象として実施した。英国Liverpool大学のBen Barr氏らはその成果を分析し、男女の平均寿命の差を指標とする健康格差は対策実施前に比べ縮小したこと、しかし、対策終了後は再び格差が拡大傾向にあることを報告した。結果をBMJ誌電子版に2017年7月26日に掲載された。

    2017/08/24 00:00:00

  • コデインとトラマドールによる呼吸抑制とは

     コデイン含有製剤とトラマドール塩酸塩(商品名トラマール、ワントラム)は、世界保健機関(WHO)による癌疼痛治療薬の第2段階に位置する弱オピオイド鎮痛薬である。コデインは少量で咳止めにも用いられ、厚生労働省は2019年までに12歳未満の小児に禁忌とするよう添付文書改訂を指示した。これは、17年4月に米国において、12歳未満の小児にコデインの処方を禁じたことによる。

    2017/08/24 00:00:00

  • イムランとフェブリクなど併用禁忌に注意を

     日本医療機能評価機構は2017年8月15日、添付文書上、併用禁忌として記載のある薬剤を併用した事例が2011年から9件報告されたとして、「医療安全情報No.129」を発行し、注意喚起した。

    2017/08/24 00:00:00

  • ドボネックス軟膏約11万6500本を自主回収

    レオ ファーマ(東京都千代田区)は2017年8月22日、尋常性乾癬治療薬の「ドボネックス軟膏50μg/g」(一般名カルシポトリオール)の自主回収(クラスII)を開始した。計11万6547本を回収対象としている。製品に黒色の異物が混入しているとの指摘を受けて同社が調査したところ、製造設備の洗浄機由来のステンレス粒が混入した可能性があるという。

    2017/08/24 00:00:00

  • 正岡子規の「歳旦帳」に最晩年の未発表俳句5句

    ことし生誕150年を迎える俳人、正岡子規が亡くなる前年に書いたと見られる未発表の5つの句などが記された帳面が、新たに見つかり、調査に当たった専門家は、最晩年の子規の俳句の特徴がうかがえる貴重な資料だと指摘しています。

    2017/08/23 15:19:42

  • 「無痛分べん」での事故防止へ 国の研究班が初会合

    麻酔を使って陣痛を和らげる「無痛分べん」で、事故を防止するための厚生労働省の研究班の初会合が開かれ、今後、安全な無痛分べんの手順をまとめて公表したうえで、医師に研修を行う態勢を整えることを決めました。

    2017/08/23 15:04:18

  • セマグルチド、デュラグルチドに対して優れたHbA1c低下示す-ノボ ノルディスク

    デンマークのノボ ノルディスク社は、SUSTAIN7試験の結果から、週1回投与のセマグルチドで治療を受けた2型糖尿病患者において、デュラグルチドによる治療と比較して、優れたHbA1cの低下と体重減少が示されたことを発表した。

    2017/08/23 13:00:30

  • 消化管での吸収促進が可能な新規小腸透過ペプチドを同定-熊本大

    熊本大学は、高分子であるバイオ医薬品の消化管吸収を促進させることが可能な新規小腸透過ペプチドを同定したと発表した。。

    2017/08/23 12:45:39

  • 緑内障の重症度、活性酸素を消去する抗酸化力と相関-東北大

    東北大学は、緑内障患者における全身の抗酸化力と緑内障重症度の関係を明らかにしたと発表した。。

    2017/08/23 12:30:46

  • 低悪性度神経膠腫の遺伝学的予後予測因子を大規模ゲノム解析で明らかに-名大ら

    名古屋大学は、大規模ゲノム解析の結果を用いて、低悪性度神経膠腫各群のなかでも特定の遺伝子変異を持つ腫瘍は、予後が悪いことを明らかにしたと発表した。

    2017/08/23 12:00:13

  • 【厚労省】抗菌薬臨床評価で指針案-耐性菌対応などで見直し

    厚生労働省は、「抗菌薬の臨床評価方法に関するガイドライン」の改定案をまとめた。。

    2017/08/23 10:45:17

  • 【厚労省】シックハウス対策で指針値策定-3物質に新設定、4物質は緩和

    厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課化学物質安全対策室は、室内空気中化学物質の指針値案をまとめた。。

    2017/08/23 10:30:04

  • 最適脈拍数で効果的で安全な運動療法…できる!糖尿病の運動療法

    ダラダラとただ運動をしても効果が出てくるとは言えません。そんな運動の効果を上げる指標に最適脈拍数があります。今回はその役割と算出法を3分で学習します。

    2017/08/23 10:00:10

  • アメリカのモニター心電図事情…米国臨床留学記

    医療デバイス業界は日進月歩。簡便で使い勝手の良い製品が登場する一方、米国特有の保険制度による制約もあり…臨床留学中の循環器医・河田 宏氏の現地レポート。

    2017/08/23 10:00:00

  • 悪性脳腫瘍に対するテモゾロミド療法の役割は?/Lancet

     新たに診断された1p/19q非欠失の退形成星細胞腫患者において、テモゾロミドアジュバント療法により、顕著な生存ベネフィットを得られることが、第III相無作為化非盲検試験「CATNON(EORTC study 26053-22054)」…

    2017/08/23 04:00:00

  • デグルデクはグラルギンU100と比較して低血糖の発現リスクを低下(解説:小川 大輔 氏)-717

    先日このコラムでDEVOTE試験のコメントを執筆した。集めた資料を眺めていると、「DEVOTE試験でデグルデクが低血糖の発現を低下させることが証明された」という記事や専門家のコメントが多いことに気付いた。

    2017/08/23 04:00:00

  • 世界の老眼人口、35歳以上で約11億人

     世界的に、失明/視力障害の年齢調整罹患率は減少しつつあるものの、人口増加と高齢化により失明/視力障害者数は著明に増加しており、加えて未矯正の老眼を有する人も非常に多いことが明らかとなった。英国・アン…

    2017/08/23 04:00:00

  • 双極性障害患者の自殺念慮、予測パターンは

     自殺念慮は、双極性障害患者で頻繁に認められるが、その経過や経年変化はよくわかっていない。デンマーク・コペンハーゲン大学のOle Kohler-Forsberg氏らは、双極性障害患者の自殺念慮について、6ヵ月間の追跡調…

    2017/08/23 04:00:00

  • PM2.5が高いと高濃度乳房になりやすい?

     マンモグラフィ乳腺密度は乳がんの強力な危険因子であるが、都市部と農村部の乳腺密度の違いにおける環境の影響についてはほとんどわかっていない。米国・フロリダ大学のLusine Yaghjyan氏らが集団ベースの大規模…

    2017/08/23 04:00:00

  • 地中海食による心疾患予防、効果あるのは高収入か高学歴の人のみ?

     果物や野菜、魚、オリーブ油、ナッツ、全粒穀物などが豊富な地中海食には、心疾患を予防する効果があると考えられているが、その恩恵を受けられるのは高収入か高学歴の人に限られる可能性が、新たな研究で示され…

    2017/08/23 04:00:00

  • 精神疾患持つ人の余命20年以上短い

     東大医学部附属病院精神神経科の近藤伸介助教らの研究チームは、東京都三鷹市の社会福祉法人「巣立ち会」(田尾有樹子理事長)と共同で、精神科病院の長期入院を経て退院し、地域生活に移行した利用者254人を追跡…

    2017/08/23 04:00:00

  • 特定健診受診率、2015年度に初の50%超も目標届かず

     厚生労働省はこのほど、2008年度から40~74歳を対象に行っている「特定健康診査」(メタボ健診)の受診率が、2015年度には昨年度から1.5ポイント上昇の50.1%となり、初めて50%を超えたことを公表した。開始当時…

    2017/08/23 03:59:00

  • ロモソズマブとテリパラチドを比較した試験

     骨吸収を抑制するビスホスホネートは、骨粗鬆症患者に対する第一選択となっている。しかし、投与しても骨密度に変化が見られない患者や、投与中に骨折した患者には、治療薬の変更が検討される。デンマークAarhus大学病院のBente L Langdahl氏らは、フェーズ3b試験を行い、ロモソズマブに切り替えるとテリパラチドよりも有意な骨密度上昇が見られたと報告した。結果はLancet誌電子版に2017年7月26日に掲載された。

    2017/08/23 00:00:00

  • 敷地内薬局というビジネスモデルへの不安

     全国各地に広がりそうな様相を見せている敷地内薬局ですが、敷地内というその形態に厳しい目が向けられていると感じているのは、私だけではないと思います。そんな中、鳥取県薬剤師会の会長自らが敷地内薬局に名乗りを上げ、優先交渉権を取得したことが話題になっています。

    2017/08/23 00:00:00

  • 涙が出るほどうれしい処方箋

     先日、世界薬局・薬学部探訪記のカナダ編「薬剤師1人で1日200枚超の処方箋を応需」を拝読させていただきました。そこに示されている「SHOPPERS DRUG MART」は、まさに今、私が勤めている会社です。もちろん店舗は違いますが、忙しさは記事に書いてある通りです。私も何度も書いていますが、こちらカナダの薬局はとても忙しいです。薬剤師と助手2〜3人で、息をつく暇もなく薬局内をいつも動き回っています。そんな忙しい薬局に、爆弾のように襲ってくるのがdischarge prescription(退院時処方箋)です。

    2017/08/23 00:00:00

  • ボルタレンサポ査定の原因も「ニャハ」?

     前回、僕が個別指導で心不全の重症度分類「NYHA(ニーハ)分類」を“ニャハ”と読んでしまった失敗を、桜井クンが電話でからかってきたことをお伝えしました(前回記事:プロプラノロールが禁忌な『ニャハ』!?)。その電話があった翌週、薬局の処方箋のチェックをしに行くと、「実は、こんな査定の紙が来てたんスよ」桜井クンはそう言いながら、1枚の突合点検調整額連絡票を差し出しました。

    2017/08/23 00:00:00

  • 新薬7成分、10品目の薬価収載へ

     2017年8月23日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会が開催され、新薬7成分10品目の薬価収載が了承された。8月30日に収載される。このうち内用薬は4成分6品目で、注射薬が3成分4品目。

    2017/08/23 00:00:00

  • 血糖変動を患者が随時確認できる機器が保険適用

     中央社会保険医療協議会(中医協)は8月23日の総会で、医療機器の保険適用について議論した。皮下にセンサーを挿入して間質液中のグルコース濃度を持続測定し、血糖値の変動を推定する「FreeStyle リブレ」については、技術料で評価する案が示され、了承された。9月1日から保険適用される。

    2017/08/23 00:00:00

  • 「蚊やり豚」の作品展 三重 四日市

    蚊取り線香を入れる陶器「蚊やり豚」にユニークなデザインを施した作品展が三重県四日市市で開かれています。

    2017/08/22 21:11:50

  • 松山千春の“神対応” きょうも反応が

    飛行機の出発が遅れて乗客にいらだちが見え始めたなか、歌手の松山千春さんが、とっさに自分の曲を歌い場を和ませた行為について、ネット上では「神対応」といった称賛のほか、「手塚漫画の場面を思い出した」などと、2日たった22日もさまざまな反応が広がっています。

    2017/08/22 19:40:18

  • 朝ドラ「半分、青い。」に佐藤健さんら出演 抱負語る

    来年春から放送が始まるNHKの連続テレビ小説「半分、青い」の出演者が新たに発表され、ヒロインの幼なじみの役を演じる佐藤健さんらが抱負を語りました。

    2017/08/22 15:00:10

  • 旧水戸藩主の別荘「好文亭」のふすま絵 修復作業を公開

    水戸市の偕楽園にある観光名所で、かつて水戸藩主の別荘だった「好文亭」のふすま絵の修復作業が公開されました。

    2017/08/22 13:12:08

  • 褐色脂肪組織の新規制御因子「NFIA」を同定-東大病院

    東京大学医学部附属病院は、肥満症の治療標的として期待される「褐色脂肪組織」の新規制御因子「Nuclear factor I-A」(NFIA)を同定したと発表した。

    2017/08/22 13:10:34

  • 新規不眠症治療薬スボレキサントにせん妄の予防効果-順大

    順天堂大学は、オレキシン受容体拮抗作用による新規不眠症治療薬であるスボレキサントに、せん妄の予防効果があることが判明したと発表した。

    2017/08/22 13:00:26

  • 性染色体異常の不妊マウスから健常な産仔を作成-京大

    京都大学は、性染色体トリソミーを有する不妊マウスの線維芽細胞から、正常な核型を有するiPS細胞を作成し、それらから始原生殖細胞様細胞・精子・健常な産仔を作成することに成功したと発表した。

    2017/08/22 12:15:04

  • 福島第一原発 「凍土壁」の最終凍結始まる

    福島第一原子力発電所の汚染水対策の柱で、建屋の周囲の地盤を凍らせて地下水の流入を防ぐ「凍土壁」について、東京電力は安全のため凍らせずに残していた最後の部分の凍結を22日始めました。去年3月に最初の凍結が始まってから1年5か月たち凍土壁はようやく完成のめどが立ったことになります。

    2017/08/22 11:58:14

  • 抗NGF抗体Fasinumab、変形性関節症対象のP2/3試験を開始-田辺三菱

    田辺三菱製薬株式会社は、「MT-5547」について、変形性関節症患者対象の国内第2/3相臨床試験(J01試験)を開始したと発表した。

    2017/08/22 10:45:34

  • 日ごとの血圧値の変動幅が大きい人、血圧値が安定している人より認知症リスク2倍超

    血圧値が測定した日によって大きく異なる人は、認知症を発症するリスクが高い可能性が、60歳以上の日本人約1,600人を対象とした新たな研究で示された。

    2017/08/22 10:00:58

  • 天候に左右される皮膚科の切実な願い…Dr.デルぽんの診察室観察日記

    今回の「Dr.デルぽんの診察室観察日記」は、夏の皮膚科外来のあるあるです。皮膚科ほど、天候や季節に左右される診療科はないと思いますが、現場の切実な思いをお届けします。

    2017/08/22 10:00:10

  • 日本発のエビデンスを量産する/日本臨床疫学会

    日本発のエビデンスは少なく、いまだに海外エビデンスに依存した日常臨床を実践している本邦。そのような中、日本発のエビデンスの量産を目指す日本臨床疫学会が設立された。同学会の第1回学術大会大会長の東京大学 康永秀生氏に、本邦の臨床研究のあり方について聞いた。

    2017/08/22 10:00:00

  • 100年ぶり アメリカ横断の皆既日食 全米でフィーバー

    太陽が月と重なり、完全に隠れる皆既日食が21日、およそ100年ぶりにアメリカを横断する形で観測され、世紀の天体ショーに全米で大きな盛り上がりを見せました。

    2017/08/22 06:39:31

  • がんのゲノム医療 拠点病院の経費を概算要求に 厚労省

    がん患者の遺伝情報を治療に役立てる「ゲノム医療」について、厚生労働省は将来、すべての都道府県で受けられることを目指し、中核となる拠点病院を全国で7か所ほど指定することになり、来年度予算案の概算要求に必要な経費を盛り込むことを決めました。

    2017/08/22 05:18:20

  • 自閉症スペクトラム障害児に即興音楽療法は有用か/JAMA

     自閉症スペクトラム障害(ASD)の小児の治療では、強化標準治療に即興音楽療法を追加しても症状の重症度は改善しないことが、ノルウェー・Uni ResearchのLucja Bieleninik氏らが行ったTIME-A試験で明らかとなった…

    2017/08/22 04:00:00

  • 同種HSCT後の気流低下、アジスロマイシンで抑制できるか/JAMA

     造血器腫瘍のため同種造血幹細胞移植(HSCT)を受けた患者において、アジスロマイシンの早期投与はプラセボ投与と比較して、気流低下(airflow decline)のない生存の達成は不良であったことが、多施設共同無作為…

    2017/08/22 04:00:00

  • 抗凝固薬の中和薬:マッチポンプと言われないためには…(解説:後藤 信哉 氏)-715

    手術などの侵襲的介入時におけるヘパリンの抗凝固効果はプロタミンにより中和可能であり、経口抗凝固薬は外来通院中の症例が使用しているので、ワルファリンの抗凝固効果は新鮮凍結血漿により即座に、ビタミンKの追…

    2017/08/22 04:00:00

  • スボレキサントによる「せん妄予防」

     順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学の八田耕太郎氏らは、高齢救急患者における、就寝前に不眠症治療薬「スボレキサント(商品名:ベルソムラ)」投与によって、安全にせん妄を予防できることをJournal of …

    2017/08/22 04:00:00

  • 抗PD-1/PD-L1抗体治療で白髪もよみがえる?

     スペインの研究グループが、抗PD-1/PD-L1抗体による皮膚有害事象の研究中に毛髪再色素化の現象を発見し、JAMA Dermatology誌2017年7月12日号で報告した。免疫チェックポイント阻害薬による発疹、白斑、そう痒症な…

    2017/08/22 04:00:00

  • 暑さ寒さで心血管死リスクはどの程度上昇するか

     暑さや寒さへの曝露が心血管死亡リスクにどの程度影響しているのかについて、テヘラン医科大学のMohammad Taghi Moghadamniaらが系統的レビューとメタ解析で調べた。PeerJ誌2017年8月4日号に掲載。

    2017/08/22 04:00:00

  • 認知スペクトラム障害、入院患者の有病率と死亡率

     入院中の高齢者では、さまざまな認知機能障害が一般的にみられるが、これまでの研究では高度に選択された群の単一条件に焦点を当てており、アウトカムとの関連性を調査することはまれであった。英国・スターリン…

    2017/08/22 04:00:00

  • 生活習慣の欧米化でアディポネクチンに質的および量的な異常

     遺伝的素因が同じ日本人であっても、生活習慣が日本式から米国式に変化すると、脂肪細胞から分泌されるホルモンの「アディポネクチン(APN)」に量的および質的な異常がもたらされ、インスリン抵抗性が惹起される…

    2017/08/22 04:00:00

  • 産婦人科医の集約を提言、関係学会

     産婦人科の研修医による自殺が労災認定されたことを受け、日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は、医師の勤務環境の改善に関する声明を発表した。分娩を扱う地域の基幹病院に産婦人科医を集約し、当直などによ…

    2017/08/22 04:00:00

  • MMR接種率のわずかな低下でも影響は大きい

     小児の定期接種ワクチンの接種率が、個人的信条による接種免除を認めている州で低下し、州間での接種率の差が開きつつある。米Stanford大学医学部のNathan C. Lo氏らは、麻疹・ムンプス・風疹(MMR)ワクチンの接種率が低下した場合に、麻疹発症者の数と公的医療費支出に及ぶ影響を推定するシミュレーションを行い、接種率を高く維持することの重要性を再確認した。詳細は、JAMA Pediatrics誌電子版に2017年7月24日に報告された。

    2017/08/22 00:00:00

  • 実際にどのような在宅業務を行っているの?

     居宅療養管理指導費や在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定する薬局は、実際にどのような業務を行っているのか。主な流れを図2にまとめた。まず、訪問前の薬局での準備としては、(1)医師の指示確認、(2)患者情報やこれまでの薬歴の確認、(3)調剤──などを行う。薬の管理が難しい患者が多く、調剤では一包化を必要とするケースが多い。外来であれば分包紙がつながった状態でそのまま渡すのが一般的だが、在宅ではお薬カレンダーなどにセットしやすいよう、必要に応じて1回分ずつ切り離して束ねておくといった準備をすることもある。

    2017/08/22 00:00:00

  • 薬剤師とバイタルサインの変遷を振り返って

     「薬剤師は人の身体に触れてはならない」――。この“都市伝説”は、固く、広く、この業界で信じられていました。実際、そのように薬学部の講義で教えられていた時代はあったようですし、日常現場の業務では、その教えは頑なに守られていました。ですから、2009年ごろに私が、血圧や脈拍の測定や聴診器の使用について基礎的な知識や技術を薬局薬剤師に教え、日常診療の現場で活用し始めた時には、少なからず波紋を投げ掛けたようです。

    2017/08/22 00:00:00

  • バルトレックスって、どのくらい苦いの?

     はじめまして、薬剤師のマミコです。このたび、DI Onlineで4コマ漫画「ガンバレ薬剤師」を連載することになりました。皆さま、よろしくお願いします。「良薬口に苦し」と言いますが、最近の薬は糖やフィルムコーティングで苦味がマスクされており、あまり感じなくなりました。

    2017/08/22 00:00:00

  • 皆既日食 アメリカを横断へ 100年ぶりで全米フィーバー

    太陽が月と重なり、完全に隠れる「皆既日食」がおよそ100年ぶりにアメリカを横断する形で起きるのを前に、アメリカ本土でもっとも早く観測ができる西部オレゴン州では州外からおよそ100万人の人出が予想されるなど、大きな盛り上がりを見せています。

    2017/08/21 22:50:31

  • 香港で日本茶と各国料理の相性を体験する催し

    日本からの緑茶の輸出が急増している香港で、飲食店のシェフにさまざまなお茶の飲み方や料理との相性を体験してもらい、日本茶のさらなる普及を目指す催しが開かれました。

    2017/08/21 21:48:17

  • 抗凝固療法モニタリングのPT測定試薬「レボヘム PT」を発売-シスメックス

    シスメックス株式会社は、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓が原因とされる疾患への抗凝固療法モニタリング主要検査項目である、プロトロンビン時間の測定試薬「レボヘム PT」を国内で発売したと発表した。

    2017/08/21 14:30:24

  • 食事で摂取されるリンの代謝が寿命を制御-慶大

    慶應義塾大学は、リンに対して寿命を制御する分子Enpp1がKlothoの発現に大きな影響を与える分子として、老化を制御していることを世界で初めて明らかにしたと発表した。

    2017/08/21 14:15:28

  • 常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎の病態メカニズムを解明-阪大

    大阪大学は、常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎における、のう胞形成、高血圧、肝繊維化の病態を統一的に説明するメカニズムを明らかにしたと発表した。

    2017/08/21 14:00:02

  • コバスEGFR変異検出キットv2.0の血漿検査、一部変更承認取得-ロシュ・ダイアグノスティックス

    ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は8月14日、「コバス(R)EGFR変異検出キットv2.0」の一部変更承認(適応追加)を8月10日に取得したと発表した。

    2017/08/21 13:45:39

  • 追い込み漁で姉妹都市提携へ 太地町長がフェロー諸島に

    小型のクジラやイルカの追い込み漁を行っている和歌山県太地町の町長が、同じ追い込み漁をしているデンマークの自治領フェロー諸島との姉妹都市の提携に向けて話し合うため、21日に町を出発しました。

    2017/08/21 13:01:48

  • 福島第一原発「凍土壁」最後の部分 あす凍結開始

    東京電力福島第一原子力発電所の汚染水対策の柱で、建屋の周囲の地盤を凍らせて地下水の流入を防ぐ「凍土壁」について、東京電力は22日、安全のため凍らせずに残していた最後の部分の凍結を始めます。凍土壁は凍結の開始から1年5か月たってようやく完成に向かいます。

    2017/08/21 11:41:53

  • 重症筋無力症、重篤率高く-慶大・鈴木氏ら、オプジーボ副作用を解析

    抗癌剤「オプジーボ」による重篤な副作用として知られる重症筋無力症の発生頻度は低いものの、発症した場合は重篤になる確率が高いことが、慶應義塾大学内科学教室の鈴木重明専任講師らの共同研究で明らかになった。

    2017/08/21 10:30:53

  • 動き出す薬バイアル最適化-カギは安全性、薬剤師に問題意識

    抗癌剤等の注射薬について、一つのバイアルを1回分使用して残った薬を廃棄せず、2人目以降の患者にも複数回使用する薬剤バイアル最適化(DVO)の取り組みが日本でも動き出しつつある。

    2017/08/21 10:15:58

  • ESC2017開催地のおすすめスポット

    会員の先生方への事前アンケートでお寄せいただいた情報をもとに、学会会場への行き方や名所・レストランなどをご紹介します。

    2017/08/21 10:00:00

  • NSCLC、化学放射線同時併用療法のアンメットニーズ

    肺がん化学放射線同時併用療法に適用する確立したレジメンがない中、同レジメンを検討したTORG1018試験の記事が関心を集めている。同試験のASCO発表者である日本医科大学の久保田馨氏に現状を聞いた。

    2017/08/21 10:00:00

  • 意外と盲点!? ナッツ摂取の適正量

    アーモンドの皮の部分には脂質を下げる効果があるようです。だからと言って食べ過ぎては、カロリーオーバーです。適正な量について坂根直樹 氏がレクチャーします。

    2017/08/21 10:00:00

  • 米、インフルエンザ弱毒生ワクチン非推奨の理由/NEJM

     2016-17年の米国インフルエンザシーズンでは、予防接種に弱毒生インフルエンザワクチンを使用しないよう米国予防接種諮問委員会(ACIP)が中間勧告を出したが、そこに至る経緯を報告したGroup Health Research In…

    2017/08/21 04:00:00

  • 46ヵ国の喘息死亡動向、2006年以降変化なし/Lancet

     WHO死亡データベースから、46ヵ国における1993~2012年の喘息死亡の動向について、ニュージーランド・Medical Research InstituteのStefan Ebmeier氏らが分析し、結果を発表した。同死亡率は1980年代後半から減少…

    2017/08/21 04:00:00

  • 日本人の健康寿命を延伸し、健康格差を是正していくために期待されること(解説:有馬 久富 氏)-714

    Global Burden of Disease Study 2015の一環として、1990年から2015年における日本の健康指標の変化を都道府県別に検討した成績がLancet誌に掲載された。過去25年間における健康指標の変化および地域間の健康格差を…

    2017/08/21 04:00:00

  • 「コード・ブルー」医療監修、松本 尚氏に聞くドラマの裏側

     テレビドラマでは、やればおおむね当たると言われている「職業モノ」が2つあり、その1つが医療ドラマである(ちなみにもう1つは刑事ドラマ)。この夏、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON…

    2017/08/21 04:00:00

  • 肝がん1次治療、レンバチニブ対ソラフェニブREFLECT試験の日本人データ/日本臨床腫瘍学会

     レンバチニブ(商品名:レンビマ)は、VEGFR1~3、FGFR1~4、PDGFRα、RET、KITを標的とした経口マルチキナーゼ阻害薬であり、進行肝細胞がん(HCC)において、従来の標準治療薬であるソラフェニブ(商品名:ネク…

    2017/08/21 04:00:00

  • 大部分のがんは男性で発症しやすく生存率も低い

     がんの発症リスクと生存率における性差について、スウェーデンがん登録のデータで調査したところ、男性のほうが39がん種のうち34がん種で発症リスクが高く、27がん種で生存率が低いことをスウェーデン・カロリン…

    2017/08/21 04:00:00

  • 糖分控えめでうつ病リスク低下

     いくつかの集団において、甘い食物や飲料および添加された糖類の摂取は、抑うつ症状と関連していると報告されている。英国・ロンドン大学のAnika Knuppel氏らは、甘い食物や飲料摂取と一般的な精神疾患(CMD)、…

    2017/08/21 04:00:00

  • 「自分は運動不足」と考えるだけで寿命が縮む?

     実際の運動量は同レベルであったとしても、「同年齢の人と比べて自分は運動不足」と考えている人は、「同年齢の人と比べて自分は活動的」と考えている人よりも早く死亡するリスクが高い可能性があることが、新た…

    2017/08/21 04:00:00

  • アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった

     アメリカンフットボールのようなコンタクトスポーツは、慢性外傷性脳症(CTE)のリスクを上昇させる可能性がある。米Boston大学医学部のJesse Mez氏らは、学術研究用の脳バンクに遺体を提供した202人のアメフト選手を対象にケースシリーズ研究を実施し、プロリーグのNFLでプレーするなどレベルの高い選手ほどCTEと診断される割合が高かったことから、このスポーツがCTEリスクを上昇させると報告した。詳細はJAMA誌2017年7月25日号に掲載された。

    2017/08/21 00:00:00

  • カナグリフロジンがNT-proBNPとhsTnIの上昇を遅延

     SGLT2(ナトリウム・グルコース共輸送体 2)阻害薬であるカナグリフロジンの心臓バイオマーカーに対する効果を検討した研究結果が報告された。2型糖尿病の高齢患者を対象にしたランダム化比較試験で保存された血清標本を利用してpost-hocの探索的研究を行ったところ、カナグリフロジン群では、プラセボ群に比べて、N末端プロB型ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)と高感度トロポニンI(hsTnI)の上昇が2年にわたり遅延されていた。この結果は、J Am Coll Cardiol誌8月8日号に掲載された。

    2017/08/21 00:00:00

  • 汗と体臭の考え方と漢方処方

     必要以上に多く出る汗に対し、漢方では汗と関係が深い五臓の肺、肝、心などの機能を調えて対処します。体臭については体内の熱邪を除去することにより、改善を進めます。

    2017/08/21 00:00:00

  • ケアマネジャーなど他職種とどう関係を築く?

     薬局が在宅業務を行う上で関係を築いておきたいのが、ケアマネジャーと、地域包括支援センターの職員。ケアマネジャーは、介護サービスの取りまとめ役ではあるものの、現状では薬剤師が介入することで患者にどのようなメリットがあるのか、案外認識していないことも多い。そのため、薬局から積極的に情報を提供する必要がある。

    2017/08/21 00:00:00

  • 【動画】これが日調で接客対応No1の薬剤師!

     日本調剤(東京都千代田区)は2017年8月6日、都内で「第1回ロールプレイ大賞」の本選を実施した。地区予選会を勝ち抜いた薬剤師・事務職員(オペレーター)が、模擬患者を対象に接客のロールプレイを行った。

    2017/08/21 00:00:00

  • 大学教育にプリセプターとして関わる薬局薬剤師

    桐野豊(徳島文理大学学長、団長)、京谷庄二郎(徳島文理大学薬学部)、加藤善久(徳島文理大学香川薬学部)、川添和義(徳島大学薬学部)、高取真吾(松山大学薬学部)、清水圭子(高松市立市民病院)

    2017/08/21 00:00:00

  • 海流発電の実証実験 発電成功 鹿児島 トカラ列島沖

    海の流れを利用して電気を起こす「海流発電」の実証実験が、鹿児島県のトカラ列島沖で行われ、黒潮を利用してタービンを回し、最大で30キロワットの発電に成功しました。

    2017/08/20 04:32:14

  • アジアの課題をオープンデータで解決

    政府や公的機関が公開しているデータを活用して、災害や食の安全などアジアが抱える課題を解決するサービスを考案し、その完成度などを競うコンテスト「アジアオープンデータハッカソン」が、19日、日本と韓国、台湾、タイで開催されました。

    2017/08/19 22:04:26

就職・転職支援サービス

気になる求人

※気になる求人はありません。

求人詳細ページの「気になる」ボタンを押すと、こちらに求人が表示されます。

最近見た求人

※最近見た求人はありません。

求人詳細ページを閲覧すると、こちらに求人が表示されます。