医療ニュース

  • 日本国憲法原本など展示を 新国立公文書館で報告書

    新たな国立公文書館の在り方などを検討してきた政府の有識者会議は、日本国憲法の原本など、歴史的な公文書を常設で展示することなどを盛り込んだ報告書を取りまとめ、23日に公文書管理を担当する山本地方創生担当大臣に提出しました。

    2017/03/23 14:28:40

  • 既存薬剤ピルフェニドン、非アルコール性脂肪肝炎にも有効か-東京医科歯科大

    東京医科歯科大学は、既存の薬剤であるピルフェニドンがマウスの非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を著しく抑制すると発表した。

    2017/03/23 13:45:29

  • SGLT2阻害剤、心不全による入院率・死亡率を有意に減少-英AZ

    英アストラゼネカ社は3月19日、糖尿病治療薬SGLT2阻害剤の治療を受けた2型糖尿病患者の心不全による入院・総死亡のリスクを評価した、最初の大規模リアルワールドエビデンス(RWE)試験「CVD-REAL試験」の結果を第66回米国心臓病学会年次学術集会で公表したと発表した。

    2017/03/23 13:30:43

  • 脂肪萎縮性糖尿病がSGLT2阻害薬によって著明に改善-東北大

    東北大学は3月21日、難病に指定されている脂肪萎縮性糖尿病が、糖尿病の内服薬であるSGLT2阻害薬によって著明に改善したことを示す研究結果を発表した。

    2017/03/23 13:15:19

  • プラザキサによるアブレーション周術期の抗凝固療法の試験結果発表-独ベーリンガー

    独のベーリンガーインゲルハイムは3月19日、心房細動に対するカテーテルアブレーションを施行予定の患者を対象に、「プラザキサ(R)」(一般名:ダビガトランエテキシラート)による抗凝固療法を継続的に実施した際の安全性と有効性を検討する「RE-CIRCUIT(R)試験」の新たなデータを発表した。

    2017/03/23 13:00:24

  • NASHはNAFLDとどう違うのか?…中島淳氏が解説

    今回のテーマは「NASHとNAFLDの違い」。 回答者は当該領域のスペシャリスト、横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏です。

    2017/03/23 10:00:10

  • 血圧低下によるめまいが認知症のリスクを高める

    立ち上がるときに一時的な血圧低下によるめまいが起こる中年成人は、後に認知症になるリスクが高い可能性のあることが、新たな研究で示唆された。

    2017/03/23 10:00:02

  • 占い師に逆指南…【Dr.中島の新・徒然草】

    中島先生の診察室を訪れた占い師見習いの女性。話を聞くと、占いのカウンセリングと医師の問診には、その手法やコツに似たところがあり、大いに盛り上がったようです。

    2017/03/23 10:00:00

  • 300年続く伝統行事 大わらじを奉納 無病息災願う 山梨

    縦3メートル、横幅1メートル余りの大きなわらじを奉納して、無病息災などを願う伝統行事が山梨県山梨市で行われました。

    2017/03/23 04:50:27

  • 英科学雑誌 日本の科学研究の失速を指摘

    世界のハイレベルな科学雑誌に占める日本の研究論文の割合がこの5年間で低くなり、世界のさまざまな科学雑誌に投稿される論文の総数も日本は世界全体の伸びを大幅に下回ることが、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」のまとめでわかりました。

    2017/03/23 04:36:12

  • 福島原発1号機 ロボットによる内部調査終了 状態分析へ

    東京電力福島第一原子力発電所1号機で、今月18日から行われていたロボットによる内部調査は22日に終わり、東京電力は燃料デブリがあると考えられる汚染水の中で撮影された画像や、測定された放射線のデータから内部の状態を分析することにしています。

    2017/03/23 04:26:29

  • 患者の性格と認知症タイプでBPSDを予測可能:旭川医大

     レビー小体型認知症(DLB)とアルツハイマー型認知症(AD)における患者の発症前の性格特性とBPSD(behavioral and psychological symptoms in dementia:認知症の行動・心理症状)との関連について、旭川医科大…

    2017/03/23 04:00:10

  • 試験登録されたRCTはポジティブな結果となるのか?/BMJ

     無作為化比較試験の臨床試験レジストリへの登録の有無と、試験結果が肯定的であるかどうかについては、ほとんど関連がないとの研究結果が示された。登録時期の違いでみた場合も関連は認められないという。また、…

    2017/03/23 04:00:00

  • RAS阻害薬によるクレアチニン値増加、30%未満でもリスク/BMJ

     ACE阻害薬またはARB服用開始後のクレアチニン値の上昇は、ガイドラインで閾値とされる増大幅が30%未満であっても、末期腎不全や心筋梗塞などの心・腎臓有害イベントや死亡リスクが漸増する関連があることが明ら…

    2017/03/23 04:00:00

  • 乳がん化学療法においてタキサン系薬剤による脱毛の予防に頭皮冷却が有効(解説:矢形 寛 氏)-654

    乳がん術前後の化学療法には、通常アントラサイクリン系とタキサン系薬剤が使用され、脱毛は必発である。脱毛は患者にとって最も辛い副作用の1つであり、これを回避することができれば治療後の生活の質の改善にもつ…

    2017/03/23 04:00:00

  • 日本における急性心筋梗塞のDoor to Balloon Time、90分を切るためには

     ST上昇型心筋梗塞(STEMI)の管理において、90分以内のDoor to Balloon Time(DTBT)は重要な指標となるが、とくに米国や欧州以外の国では、多くの患者がこの目標を達成していない。慶應義塾大学の池村 修寛氏ら…

    2017/03/23 04:00:00

  • 「3大がん」死亡リスクが高い職業は?:日本人男性

     肺がん・胃がん・大腸がんは、日本人男性におけるがん関連死亡原因のトップ3となっている。北里大学の江口 尚氏らは、これらの3大がんによる死亡リスクが高い職業および産業を特定することが、健康に関する社会的…

    2017/03/23 04:00:00

  • 白斑と甲状腺がんは有意に関連:韓国の住民ベース研究

     白斑は、自己免疫性甲状腺疾患および甲状腺がんと有意に関連していることが、韓国・カトリック大学校のJung Min Bae氏らによる、国民健康保険支払データベースを用いた調査研究の結果、報告された。これまでにも…

    2017/03/23 04:00:00

  • 前向きな心理や社会とのつながりが糖尿病腎症リスクに影響

     幸福感が高く、心理的ストレスをあまり感じず、社会とのつながりも強いことは、2型糖尿病患者において細小血管合併症である糖尿病腎症のリスク低下と関連する可能性のあることが、大阪大学大学院内分泌・代謝内科…

    2017/03/23 04:00:00

  • 安全性情報(2017年3月21日改訂指示分)

    2017年3月21日改訂指示分 【成分名】 ・ラモトリギン ・硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸

    2017/03/23 03:00:00

  • 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発

     日本人の非弁膜症性心房細動(NVAF)患者を対象とした、脳梗塞の発症を予測するリスクスコアが開発された。脳卒中既往、年齢、高血圧、持続性心房細動、BMI 18.5kg/m2未満という5つの因子で評価するもので、広く使用されているCHADS2スコアやCHA2DS2-VAScスコアを上回る予測能を持つことが確認された。第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で、弘前大学循環器腎臓内科学(現・済生会熊本病院)の奥村謙氏らが発表した。

    2017/03/23 00:00:00

  • PRASTRO-I、PRASTRO-IIの試験結果が発表される

     虚血性脳血管障害患者を対象とした抗血小板薬であるプラスグレルの国内第3相臨床試験の結果が報告された。75歳未満および体重50kg超の患者を対象としたPRASTRO-I試験では主要評価項目を達成せず、また75歳以上または体重50kg以下の患者を対象としたPRASTRO-II試験では評価項目を達成した。前者については国立循環器病研究センターの山上宏氏が、後者については九州大学の北園孝成氏が、それぞれSTROKE 2017(3月16〜19日、大阪開催)で発表した。

    2017/03/23 00:00:00

  • カナダの抗うつ薬適応外使用実態調査

     プライマリケアでの抗うつ薬の適応外使用の現状について検討し、適応外使用を支持するエビデンスがあるかどうかを明らかにするために、電子的処方システムに登録されている情報を対象とする記述的研究を行ったカナダMcGill大学のJenna Wong氏らは、カナダでは抗うつ薬の処方の3割が適応外使用であること、多くの場合、処方を指示する強力なエビデンスは無かったことを報告した。詳細は、BMJ誌電子版に2017年2月21日に掲載された。

    2017/03/23 00:00:00

  • DOAC処方中の虚血性脳卒中例で休薬・怠薬と投与量不足が多く

     経口抗凝固薬の服用中に発症した脳卒中症例の特徴を解析したところ、直接経口抗凝固薬(DOAC)処方中の虚血性脳卒中例では、休薬・怠薬と投与量不足が多いことが分かった。京都市内の脳卒中センター7施設が参加する多施設共同前向き登録研究「Kyoto Oral Anticoagulant-Stroke(KOACS)registry」の中間解析で明らかになったもの。京都大学脳神経外科の峰晴陽平氏らが、STROKE 2017(3月16〜19日、大阪開催)で発表した。

    2017/03/23 00:00:00

  • 多発性子宮筋腫や不妊の原因となる子宮筋腫への漢方処方

     多発性子宮筋腫でお悩みの人は少なくありません。また子宮筋腫の影響で不妊の人もいます。そのような場合は、どのような漢方薬が適しているのでしょうか。

    2017/03/23 00:00:00

  • 薬剤師が変われない理由はこの2つ!

     少子化と高齢化が同時に進行するという大きな社会変化の中で、医療提供体制も大きく変わるはずです。実際に医師も、若くして病院を飛び出して在宅療養支援診療所を立ち上げて活動したり、最近では医療における問題を解決したいとビジネススクールに通った後に起業したりと、従来の働き方と異なる道も増えてきました。また看護師も、特定行為の広がりや地域医療連携への取り組みなど、従来の在り方と大きく変わってきています。

    2017/03/23 00:00:00

  • 伝統の神事「お潮井取り」筥崎宮 博多湾の砂を持ち帰り厄よけ

    厄よけなどのために博多湾の砂を持ち帰る伝統の「お潮井取り」が、福岡市の筥崎宮で行われました。

    2017/03/22 23:06:43

  • 昼寝で頭をすっきり 睡眠カフェやグッズが人気

    春の睡眠健康週間に合わせて、昼寝をすることで頭をすっきりさせてもらおうという動きが広がっていて、都内では、店内で眠ることができるカフェや気軽に昼寝ができる睡眠グッズが人気を集めています。

    2017/03/22 20:56:20

  • 東京電力の事業計画骨子 送配電などで再編統合目指す

    原発事故の関連費用が巨額に膨らんでいる東京電力と国の「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」は、送配電や原子力事業でほかの電力会社との再編や統合を目指すことなどを柱とする今後10年間の事業計画の骨子をまとめました。

    2017/03/22 18:19:41

  • 日本芸術院賞に9人が選ばれる

    芸術の分野で優れた業績を挙げた人たちに贈られる今年度の日本芸術院賞に9人が選ばれました。

    2017/03/22 17:15:09

  • NPOの卵子提供仲介 初の子どもが誕生

    国内のNPO法人が、妻の病気などが原因で不妊に悩む夫婦に第三者からの卵子の提供を仲介する取り組みで、ことし1月、初めて子どもが生まれたことを記者会見で明らかにしました。

    2017/03/22 16:12:09

  • 大型動物モデルにおいて、構造・機能的に完全な歯の再生に成功-岡山大

    岡山大学は3月14日、器官・臓器の種となる器官原基を再生する細胞操作技術(器官原基法)を用いて、大型動物モデル(ビーグル犬)における構造的・機能的に完全な歯の再生を実証したと発表した。

    2017/03/22 14:00:07

  • ソリリス、gMG患者に対する生物製剤承認一部変更を申請-米アレクシオン

    米アレクシオンファーマ・シューティカルズは3月8日、抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体陽性の難治性全身型重症筋無力症(gMG)患者の治療薬として、「ソリリス(R)」(一般名:エクリズマブ)の適応を拡大するための生物学的製剤承認一部変更申請(sBLA)を米国食品医薬品局(FDA)が受理したことを発表した。

    2017/03/22 13:40:39

  • 開発中のC型慢性肝炎治療薬glecaprevir/pibrentasvirが優先審査指定-アッヴィ

    アッヴィ合同会社は3月17日、すべての主要なC型肝炎ウイルス(HCV)ジェノタイプ(GT)1〜6型の治療薬として開発中のパンジェノタイプ、リバビリンフリー・レジメン、glecaprevir(グレカプレビル水和物)/pibrentasvir(ピブレンタスビル)(G/P)について、厚生労働省より優先審査品目指定を取得したことを発表した。

    2017/03/22 13:30:36

  • 【衆院厚労委】臨床研究法案を可決-附帯決議に被験者の権利規定

    衆議院厚生労働委員会は17日、臨床研究の実施手続きや製薬企業から受けた資金提供について契約締結や公表を義務づける「臨床研究法案」を審議し、全会一致で可決した。

    2017/03/22 10:30:54

  • 【奈良県/奈良市】サン薬局に業務停止5日-初の停止命令、肝炎偽造薬で

    奈良県と奈良市は16日、今年1月に県内の薬局でC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が患者に調剤された事件を受け、薬局チェーンの関西メディコ(奈良県生駒郡平群町)に対し、薬機法に基づく業務停止命令を出した。

    2017/03/22 10:15:52

  • 1日1,600kcalの食事ってどんなの?…糖尿病食事指導スライド

    1日の摂取カロリーとして目指したい1,600kcal。何をどのくらい食べればいいかわらないと思う患者さんに、目安を知ってもらうための指導スライドです。

    2017/03/22 10:00:00

  • 点滴に1日数百万!?異常な米国の拝金主義…循環器内科 米国臨床留学記

    「アストン・マーチンを自転車価格で売るような会社があれば、買収してトヨタの値段をつける」。そんなビジネス手法が、医療現場を脅かす米国の実態をレポート。

    2017/03/22 10:00:00

  • 医師の説明不足を訴える患者が後を絶たない意外な理由

    インフォームド・コンセントが定着した昨今においても「説明を受けていない」と訴える患者が多いのはなぜなのか?患者からの相談を分析したところ、意外な理由が明らかに。

    2017/03/22 10:00:00

  • たった2つの質問で、うつ病スクリーニングが可能

     高齢者に対するうつ病のスクリーニングは推奨されている。中国・香港中文大学のKelvin K F Tsoi氏らは、高齢者における2項目スクリーン(Two-Question Screen)の診断精度を評価し、ほかのうつ病スクリーニング法…

    2017/03/22 04:00:10

  • 妊婦の肥満、子の脳性麻痺と関連?/JAMA

     母親の過体重や肥満は、早産、新生児仮死関連合併症、先天奇形のリスクを増加させ、これらの病態が新生児の脳性麻痺と関連することが知られているが、母親の過体重、肥満の重症度と子の脳性麻痺の直接的な関連や…

    2017/03/22 04:00:00

  • ネズミ由来の小児喘息に総合的有害生物管理は有効か/JAMA

     米国では、ネズミのまん延が、都市近郊の低所得層居住区に特有の問題となっており、ネズミに感作した喘息児がネズミ由来アレルゲンに曝露すると、感作あるいは曝露がない患児に比べ喘息症状の発現頻度が高いとの…

    2017/03/22 04:00:00

  • エボロクマブFOURIER試験、心血管アウトカム2年で有意に改善

     エボロクマブ(商品名:レパーサ)の心血管イベントの大規模研究であるFOURIER試験の結果が、米国心臓病学会(ACC.17)のLate Breaking Clinical Trialセッションで発表された。PCSK9阻害薬の追加による、主要心…

    2017/03/22 04:00:00

  • インスリン療法の脱落理由、日本人における特徴は?

     日本の糖尿病患者と医師が認識しているインスリン療法の障壁を調査するために、京都大学の原島 伸一氏らは、8ヵ国が参加したGlobal Attitude of Patients and Physicians in Insulin Therapy(GAPP)スタディのサ…

    2017/03/22 04:00:00

  • 高齢者の骨には乳製品とビタミンDが有益

     ビタミンDサプリメントと特定の乳製品を併用することで、加齢による骨量減少を防げる可能性があるとの報告が、「Journal of Nutrition」オンライン版に3月1日掲載された。米ハーバード大学関連機関のヘブライ・シ…

    2017/03/22 04:00:00

  • 高額薬の留意事項、適応拡大は「事後報告」

     厚生労働省は15日、中央社会保険医療協議会(中医協)の総会で、がん治療薬「オプジーボ」(小野薬品工業)など、高額な医薬品の適正な使用を促すためのガイドライン(指針)を踏まえた医療保険上の留意事項につ…

    2017/03/22 04:00:00

  • 脳梗塞急性期のリバーロキサバン至適投与開始時期を検討

     中大脳動脈領域の急性期脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)を発症した非弁膜症性心房細動(NVAF)の1333例を対象に、リバーロキサバンの至適投与開始時期を検討したRELAXED studyの結果が報告された。九州医療センター脳血管・神経内科の矢坂正弘氏らが3月18日、STROKE 2017(3月16〜19日、大阪開催)で発表した。

    2017/03/22 00:00:00

  • TAVRの5年間の国内臨床成績は良好

     重症の大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVR、もしくはTAVI)の安全性と有効性を検討する国内初の多施設臨床試験PREVAIL JAPAN Trialで、良好な臨床成績が得られた。第81回日本循環器学会学術集会(3月17日から19日、開催地:金沢市)で、大阪大学医学部部長の澤芳樹氏が発表した。

    2017/03/22 00:00:00

  • ステント内血栓消失率、使用薬剤と遺伝子で差

     薬剤溶出ステント(DES)留置後の抗血小板薬併用療法(DAPT)で、チエノピリジン系薬としてクロピドグレルを用いた場合、肝臓の薬物代謝酵素CYP2C19の機能低下型アレルを持つ患者では、留置約1カ月後のステント内血栓の陽性率が有意に高いことが分かった。プラスグレルを用いた患者では、CYP2C19機能低下型アレルの有無で陽性率に差はなかった。筑波大学水戸地域医療教育センター・水戸協同病院循環器内科の外山昌弘氏らが、第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で報告した。

    2017/03/22 00:00:00

  • 仮面高血圧は脳卒中リスク因子に、J-HOP研究

     日本人集団においても、仮面高血圧は脳卒中の有意なリスク因子になっていることが明らかになった。心血管リスクがある外来通院中の患者を対象に家庭血圧の予後予測能を評価するJ-HOP研究の解析結果で、自治医科大学循環器内科学の藤原健史氏らが第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で報告した。

    2017/03/22 00:00:00

  • 分割調剤できめ細かい服薬支援も可能に

     ひまわり薬局では、必要に応じて分割調剤を行う。最近では、89歳のBさんに脳神経外科病院で出された、ドネペジル塩酸塩(アリセプト他)90日分の処方について、45日分の分割調剤とした。 木町薬局の近隣に住む80代後半のAさん。独居で若干の認知機能低下が見られる。数年前から慢性疾患で通院、来局しており、夕方には散歩に出て薬局に寄って立ち話をして帰るという。

    2017/03/22 00:00:00

  • 門前の食事処にて、ふと門前薬局を考える

     先週末、卒業式が済んだ小学生の息子を連れて、旅行に行ってきました。息子の強い希望があり、場所は岩手県の平泉、目的は世界遺産にもなっている中尊寺金色堂を参拝することです。

    2017/03/22 00:00:00

  • 減量手術は血糖管理を長期的に改善する

     米Cleveland ClinicのPhilip R. Schauer氏らは、BMIが27〜43の2型糖尿病患者に対して薬物療法に加えて減量手術を行い、薬物療法のみで管理した患者と比較するランダム化対照試験STAMPEDEを行い、減量手術群では5年後時点で糖化ヘモグロビン(HbA1c)が6.0%以下になっている患者の割合が有意に多かったと報告した。結果はNEJM誌2017年2月16日号に掲載された。

    2017/03/22 00:00:00

  • 「キリストの墓」とされる聖堂 200年ぶりの修復完了

    中東、エルサレムにある「イエス・キリストの墓」とされる聖堂で行われていた200年ぶりの修復作業が完了し、作業の過程で確認された墓の情報を基に、今後、キリストの研究が一層、進むことになりそうです。

    2017/03/21 20:51:19

  • 福島第一原発1号機の内部調査延長へ 燃料デブリ確認できず

    東京電力福島第一原子力発電所1号機で行われている内部調査について、東京電力は、ロボットが配管などの構造物に阻まれ、21日に終える予定だった調査を22日まで延長することにしました。内部にたまっている水中で、1時間当たり11シーベルトと高い放射線量が計測されましたが、燃料デブリは確認できていないということです。

    2017/03/21 20:50:12

  • 日本の囲碁人工知能 中国の棋士に敗れる

    日本、中国、韓国の囲碁のトップ棋士と、日本で開発が進められている人工知能が対局する初めての世界大会が21日から始まり、人工知能は中国の棋士に敗れて、初戦を白星で飾ることはできませんでした。

    2017/03/21 18:29:11

  • 新たな心臓前駆細胞を発見、右心室以外の心臓を構成する細胞へ分化-広島大

    広島大学は3月10日、心臓の流出路、左心室、心房、静脈洞へ、つまり右心室以外の心臓を構成する新たな心臓前駆細胞を同定したと発表した。

    2017/03/21 14:00:27

  • オラパリブ、国際共同第3相臨床試験データを発表-英AZ

    英アストラゼネカは3月14日、生殖細胞系列のBRCA(gBRCA)遺伝子変異陽性プラチナ製剤感受性再発卵巣がん患者を対象にオラパリブ錠(300mg、1日2回投与)の維持療法をプラセボとの比較で評価した、国際共同第3相臨床試験(SOLO-2試験)において、無増悪生存期間(PFS)の大幅な延長が示されたとの結果を発表した。

    2017/03/21 13:45:44

  • 加齢黄斑変性への自己iPS細胞由来網膜色素上皮シート移植の臨床研究結果を発表-理研ら

    理化学研究所は3月16日、滲出型加齢黄斑変性の患者を対象として、iPS細胞由来網膜色素上皮細胞を用いた細胞治療が安全に施行できることを支持する結果を得たと発表した。

    2017/03/21 13:30:11

  • アベルマブ、転移性尿路上皮がん治療薬としてFDAが優先審査品目に指定-ファイザーら

    独メルク社と米ファイザー社は2月28日、プラチナ製剤での治療中または治療後に進行が認められた局所進行性・転移性尿路上皮がんを予定適応症として、アベルマブの生物学的製剤承認申請(BLA)を米国食品医薬品局(FDA)が受理し、優先審査品目に指定したと発表した。

    2017/03/21 13:15:08

  • 世界各国の幸福度 1位ノルウェー 日本51位

    世界各国の「幸福度」のランキングをまとめた報告書を国連が発表し、ノルウェーが1位となったのをはじめ、福祉や教育に力を入れている北欧諸国が上位を占めました。日本は51位でした。

    2017/03/21 11:14:16

  • 大豆摂取の乳がん生存者は死亡率が低い

    乳がん患者の大豆摂取の是非については長年議論されているが、6,200人を超える乳がん生存者を対象とした研究で、大豆を多く食べている人は10年間の追跡期間中の全死因死亡率が低いことが明らかにされた。

    2017/03/21 10:00:58

  • 外国人患者の本人確認は保険証では不十分?提出を拒まれたら?

    外国人患者の受け入れで欠かせない本人確認。「保険証のみで本人確認してよいか?」「有効な身分証がない場合は?」などに関して実際の対応事例を紹介します。

    2017/03/21 10:00:10

  • WHO新分類でどう変わる膠芽腫の診療

    膠芽腫は、中高年に多い悪性脳腫瘍です。予後はあまり良い疾患ではありませんが、新しい治療薬なども登場しています。最新の知見を石内 勝吾氏が解説します。

    2017/03/21 10:00:00

  • 100年前の樹氷の写真見つかる 温暖化進む今と比べると…

    冷えた水滴が樹木に吹きつけられてできる、山形・蔵王の観光名物、樹氷をおよそ100年前に撮影した写真が見つかりました。最近では、樹氷がまだ大きく育つことのない1月初めにすでに分厚い氷や雪の塊になっている様子が写され、専門家は「温暖化の影響を受ける前の貴重な写真だ」と注目しています。

    2017/03/21 05:19:25

  • 人気ミステリー作家 内田康夫さん休筆宣言 脳梗塞の影響で

    人気ミステリー、「浅見光彦シリーズ」で知られる、作家の内田康夫さんが脳梗塞の影響で、小説を書き続けることが難しくなったとして、休筆を宣言しました。

    2017/03/21 05:01:04

  • 囲碁のトップ棋士に人工知能が挑む きょうから初の世界大会

    日本・中国・韓国の囲碁のトップ棋士に日本で開発が進められている人工知能が挑む初めての世界大会が21日から大阪で始まります。20日の会見で、人工知能の開発者は「待ちに待った対局で、わくわくしている。1回は勝ちたい」と意気込みを語りました。

    2017/03/21 04:04:25

  • 重度な精神疾患+物質使用障害、自殺リスクへの影響

     重度の精神疾患患者における物質使用障害(SUD:substance use disorder)と自殺や自殺企図との関連性について、デンマーク・コペンハーゲン大学のMarie L D Ostergaard氏らが評価を行った。Addiction誌オンライ…

    2017/03/21 04:00:10

  • 大腿骨頚部骨折の再手術率は固定法で異なるか? /Lancet

     大腿骨頚部骨折の手術後に再手術となることが多いが、これは骨折部の固定法に関連しているのか。カナダ・マックマスター大学のMohit Bhandari氏らFAITH研究チームが、国際多施設共同無作為化試験にて、再手術のリ…

    2017/03/21 04:00:00

  • 小児クローン病の合併症予測モデル、治療選択肢も示唆/Lancet

     新規発症クローン病小児患者の合併症(狭窄や穿孔)リスクの予測モデルが、米国・エモリー大学のSubra Kugathasan氏らによって示された。小児および成人クローン病患者において狭窄や穿孔といった合併症を罹患す…

    2017/03/21 04:00:00

  • FXa阻害剤の抗炎症作用:日本のNVAF患者

     非弁膜症性心房細動(NVAF)例に対する第Xa因子(FXa)阻害剤の投与は、血液凝固マーカーだけでなく、血管炎症マーカーであるペントラキシン3(PTX3)も改善させることが、横浜栄共済病院の加藤 大雅氏らによる研…

    2017/03/21 04:00:00

  • 殺虫剤のピレスロイドが子どもの行動障害に関連か

     殺虫剤のピレスロイドに曝露した小児では行動障害リスクが高くなることが、フランス、レンヌ大学病院のJean-Francois Viel氏らの研究でわかった。ピレスロイドは、農薬や一部の防蚊剤、頭シラミ・ダニ・ノミの駆…

    2017/03/21 04:00:00

  • 加齢に伴うインスリンシグナルの変化が記憶低下と関連

     記憶を維持するには、血糖値の調節に重要なインスリンと脂肪細胞内のインスリンシグナル伝達が必要とされることを、千葉大学大学院薬学研究院生化学研究室の殿城亜矢子氏らの研究グループがショウジョウバエを用…

    2017/03/21 04:00:00

  • 医療機関ホームページの誇大広告を禁止

     政府は10日、医療機関の広告規制の見直しなどを盛り込んだ医療法改正案を閣議決定し、国会に提出した。美容医療に関するトラブルが増えていることを踏まえ、医療機関のホームページの虚偽・誇大な広告を禁じる。

    2017/03/21 04:00:00

  • トラスツズマブの有効性は11年後も継続

     トラスツズマブは、HER2陽性の早期乳癌患者の全生存期間と無病生存期間を有意に延長することが臨床試験で示されているが、さらに長期間追跡したデータが求められていた。英Western総合病院のDavid Cameron氏らは、オープンラベルのランダム化対照フェーズ3試験HERA(HERceptin Adjuvant)に参加したHER2陽性早期乳癌患者を中央値11年追跡し、トラスツズマブを1年間投与された患者では、初期治療後に観察のみだった患者よりも11年後でも無病生存が有意に多く、死亡率が低く保たれていたことを報告した。詳細は、Lancet誌電子版に2017年2月16日に掲載された。

    2017/03/21 00:00:00

  • 「2度目は近隣薬局で受け取りたい」患者も

     たかだ調剤薬局では、10年近く前から複数診療科から処方された薬を、合わせて一包化するサービスを実施している。診療科ごとに処方日や処方日数が異なる場合、合包する日数を合わせるために、分割調剤を行う。 東北医科薬科大学病院の近隣に位置するひかり薬局福室では、2016年4月以降、同院が発行する医師による分割調剤の指示がある処方箋を受けている。患者はいずれも医師から説明を受けており、トラブルなく、スムーズだという。

    2017/03/21 00:00:00

  • 高濃度フッ素の歯磨き粉は6歳未満に使用不可に

     厚生労働省は3月17日、濃度1500ppm(0.15%)を上限とする高濃度のフッ化物を配合した一般用の薬用歯磨き類が承認されたことを受けて、フッ化物を配合する薬用歯磨き類の使用上の注意についての通知を発出した。

    2017/03/21 00:00:00

  • 1日1問薬剤師国試◎統合失調症患者のピロリ除菌、どこを疑義照会?

     第102回薬剤師国家試験、予想合格率は7割超だそうですね(関連記事:第102回薬剤師国試、合格率を7割超と予想)。この記事では、実際の問題も幾つか紹介されています。より実践的な問題が出題されているようです。

    2017/03/21 00:00:00

  • ビラノアとアレグラに共通する相互作用とは?

     「っくしゅん!…おはようございます」駐車場でメガネ姿のあゆみさんと挨拶を交わす。気持ちの良い春の朝なのだが、花粉症の彼女にはつらい季節のようだ。「も〜、今年は花粉ひどいです。今日、お昼休みに病院行ってきていいですか?」

    2017/03/21 00:00:00

  • ベンゾジアゼピン系薬などの漫然投与に注意喚起

     厚生労働省は2017年3月21日、催眠鎮静薬、抗不安薬、抗てんかん薬などとして使われるベンゾジアゼピン受容体作動薬やバルビツール酸系薬剤に対し、添付文書の「使用上の注意」の改訂を指示する通知を発出した。

    2017/03/21 00:00:00

  • 生活習慣データで個人を識別 新技術の実証実験

    インターネット上のサービスを利用する際に、流出のおそれがあるIDやパスワードの代わりに、生活習慣のデータで個人を識別する「ライフスタイル認証」という新しい技術の実証実験が東京都内で行われていて、より安全で便利な本人確認の実現につながるか、注目されます。

    2017/03/20 17:09:00

  • 肥満サイクルからの脱出に向けて

    中性脂肪を減らすためには、体を動かすことが大事ですが、なかなかできず肥満サイクルに陥ってしまいます。こうした患者さんへの指導法を坂根直樹氏が解説します。

    2017/03/20 10:00:00

  • 国内の重力値の基準 約40年ぶりに改定

    ものの重さや土地の標高などを決める際に使われる国内の重力値の基準が、最新のデータなどをもとに、およそ40年ぶりに改定されました。新たな基準では、広い範囲で重力値が小さくなり、大人では髪の毛数本分ほど体重が軽くなる変化になるということです。

    2017/03/20 04:34:19

  • テロ襲撃後のPTSDやうつ病、2年前のバルド国立博物館襲撃事件より

     2015年3月18日、2人の武装勢力がチュニジア・チュニスのバルド国立博物館を襲撃し、23人の外国人観光客が犠牲となった。チュニジア・University of Tunis El ManarのFeten Fekih-Romdhane氏らは、人口統計学的要…

    2017/03/20 04:00:10

  • 凝固因子の補充は止血効果がないのか?(解説:今中 和人氏)-653

    かねてより、出血多量例ではFFPによる凝固因子を含む血清タンパクのまんべんない補充ではなく、特定の凝固因子の補充によって止血を図るべきだ、との考えが提唱され、凝固カスケードの最終ステップに位置するフィブ…

    2017/03/20 04:00:00

  • 僧帽弁閉鎖不全へのMitraClip、日本できわめて良好な初期成績

     重度の僧帽弁不全症(MR)への新たな治療法として期待されている新規デバイスMitraClip(アボットバスキュラージャパン社)の有効性と安全性に関する30日結果が発表された。本試験には全国6施設における、中等度…

    2017/03/20 04:00:00

  • 日本人乳がん患者の特徴と予後 最新の知見を紹介!

     乳がんは日本人女性にとって最も典型的ながんの1つである。最近は芸能人が自身の乳がんを公表するケースも多く、さらに大きな関心が寄せられている。日本人の乳がん患者を対象に、特徴と予後についてまとめた大規…

    2017/03/20 04:00:00

  • 日本人の扁平上皮NSCLCにおけるニボルマブの評価

     扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)の2次治療におけるニボルマブ(商品名:オプジ-ボ)の有用性は、先行するCheckMate-017で示されている。本研究は、扁平上皮NSCLCの日本人患者におけるニボルマブの有効性および…

    2017/03/20 04:00:00

  • 米国で50歳以上の大腸がんの罹患率・死亡率が減少

     米国では、50歳以上の大腸がんの罹患率が2000年以降32%減少しており、大腸がんによる死亡数も34%減少していることが、新たな報告により明らかにされた。これは、スクリーニングの受診率が増加し、前がん性ポリ…

    2017/03/20 04:00:00

  • ブロッコリーの新芽の成分に肥満や糖尿病予防効果

     ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に多く含まれる「スルフォラファン」が肥満を抑え、また、インスリン抵抗性や血糖値の上昇を抑制し糖尿病の予防に働く可能性があることを、金沢大学脳・肝インター…

    2017/03/20 04:00:00

  • 成熟型PCSK9の測定がヘテロFHの診断に有用

     高LDLコレステロール(LDL-C)血症の治療標的分子として注目を集めているPCSK9(proprotein convertase subtilisin/kexin type 9)の血中濃度の測定が、家族性高コレステロール血症(FH)の診断に有用であることが分かった。国立循環器病研究センター心臓血管内科の片岡有氏らが、第81回日本循環器学会学術集会(3月17〜19日、開催地:金沢市)で報告した。PCSK9には2つのサブタイプが知られているが、FH診断に有用なのは成熟型PCSK9(mature PCSK9)だった。

    2017/03/20 00:00:00

  • 福島第一原発1号機 ロボット調査で撮影の画像公開

    東京電力福島第一原子力発電所の1号機で始まった、ロボットによる内部調査の経過が報告され、18日に格納容器にたまっている汚染水の中の撮影が行われましたが、燃料デブリがあると見られる床の部分は、はっきりと確認できず、東京電力は今後、画像を詳しく分析するとともに、さらに広い範囲で調査を続けることにしています。

    2017/03/19 18:17:43

  • ロックンロール作った チャック・ベリーさん死去

    「ジョニー・B・グッド」など世界的なヒット曲で知られるアメリカの歌手で、ロックンロールを作り上げ、その後の音楽界に大きな影響を与えたチャック・ベリーさんが中西部ミズーリ州の自宅で亡くなりました。90歳でした。

    2017/03/19 12:43:10

  • ロボットで働き方改革 実験の単純作業を代行へ

    研究現場の長時間労働を少しでも減らそうと、九州大学がことし6月、実験に伴う単純作業を国内外の研究者から受注し、ロボットに任せる新たな拠点を設けることがわかりました。

    2017/03/19 11:00:50

  • 観光シーズンの幕開け告げるSL運行開始 埼玉

    埼玉県の秩父鉄道で、春の観光シーズンの幕開けを告げるSLの運行が始まりました。

    2017/03/18 16:18:01

  • 日本の冒険家 バイオ燃料入れた中古車で豪大陸縦断

    日本の冒険家がオーストラリア大陸の南北3700キロをバイオ燃料を入れた中古車で走破し、バイオ燃料の活用を呼びかけました。

    2017/03/18 15:19:49

  • 始祖鳥の化石など 大英自然史博物館の所蔵品展

    イギリスの大英自然史博物館が所蔵する貴重な標本の展示会が、18日から東京・上野で始まり、最古の鳥で恐竜のような特徴も持った始祖鳥の化石などが公開されます。

    2017/03/18 06:23:18

  • 近畿大の原子炉運転再開へ 研究用では新規制基準で初

    3年前から運転を停止していた、東大阪市にある近畿大学原子力研究所の原子炉は、原子力規制庁の検査に合格し、来月12日から運転を再開することになりました。新しい規制基準の下で研究用の原子炉が運転を再開するのは初めてです。

    2017/03/18 04:26:06

  • 原発避難訴訟 責任認定の国・東電 今後の対応は

    東京電力福島第一原子力発電所の事故で、群馬県に避難した人など130人余りが訴えた裁判で、前橋地方裁判所は17日、国と東京電力の責任を初めて認め3800万円余りの賠償を命じました。全国の集団訴訟に影響を与える可能性もあり、国や東京電力が、判決を不服として控訴するかどうか、今後の対応が注目されます。

    2017/03/18 04:25:13

  • 若者に対する「循環器疾患の予防」の啓発を

     脳卒中、心不全、心筋梗塞などの循環器疾患を予防するためには、若い時期からの生活習慣改善が重要になる。3月17〜19日に金沢市で開催された第81回日本循環器学会学術集会の会長特別企画のシンポジウムにて、若者への循環器疾患予防の啓発推進を目標とする「金沢宣言」が公表された。

    2017/03/18 00:00:00

就職・転職支援サービス

気になる求人

※気になる求人はありません。

求人詳細ページの「気になる」ボタンを押すと、こちらに求人が表示されます。

最近見た求人

※最近見た求人はありません。

求人詳細ページを閲覧すると、こちらに求人が表示されます。