医療ニュース

  • 若年性認知症の課題など話し合う国際会議 京都

    65歳未満で発症する若年性認知症と向き合う、働き盛りの患者や家族への支援策など、認知症に関するさまざまな課題について世界各国の関係者が話し合う、国際アルツハイマー病協会の国際会議が、京都市で始まりました。

    2017/04/27 11:47:37

  • 抗結核治療薬「ベダキリン」、多剤耐性肺結核を適応症として承認申請-ヤンセン

    ヤンセンファーマ株式会社は、新規抗結核薬「ベダキリンフマル酸塩」について、多剤耐性肺結核を適応症として製造販売承認の申請を行ったと発表した。

    2017/04/27 11:30:37

  • シロリムス注射剤、非感染性後眼部ぶどう膜炎対象のNDAをFDAが受理-参天

    参天製薬株式会社は、米国食品医薬品局が非感染性後眼部ぶどう膜炎を対象としたシロリムス注射剤の新薬承認申請を受理したと発表した。

    2017/04/27 11:00:33

  • 患者に不信感を募らせる対応の共通点

    全国の患者から延べ5万件以上の相談を受けてきた山口氏が見いだした、不満を持つ患者の気持ちを収めるか、不信へ発展させるかを二分する、医療者の患者対応の共通点とは?

    2017/04/27 10:00:10

  • “コッツン外傷”恐怖体験談(1)…【Dr.中島の新・徒然草】

    大きな出血や目立った外傷もなく、受診時に意識声明ならひと安心…今回は、そんな油断が文字通り「命取り」になった過去の苦い経験談です。

    2017/04/27 10:00:00

  • はしか感染に注意 渡航前にワクチンの接種歴確認を

    海外に行った人が、はしかにかかってウイルスを国内に持ち込み地域で集団感染を引き起こすケースが後を絶たないことから国立感染症研究所は大型連休を前に海外に行く人は、ワクチンの接種歴を確認してほしいと注意を呼びかけています。

    2017/04/27 07:07:36

  • 土星探査機「カッシーニ」初めて輪の内側に

    20年前に打ち上げられ、土星の輪の鮮明な映像を撮影するなど数々の成果を上げてきた探査機、「カッシーニ」がことし9月の引退を前に、26日、初めて輪の内側に入り、土星にこれまでで最も近づいて観測する、最後の任務が始まりました。

    2017/04/27 06:52:10

  • イラク 世界遺産のハトラ遺跡をISから奪還

    過激派組織IS=イスラミックステートによって占拠され、一部が破壊されたイラク北部にある世界遺産、ハトラ遺跡についてイスラム教シーア派主体の部隊は26日、戦闘の末、ISから奪還したと発表しました。

    2017/04/27 04:12:29

  • 急性咽頭痛、デキサメタゾンで有意に改善/JAMA

     急性咽頭痛で抗菌薬の即時投与を必要としない成人患者に対し、経口デキサメタゾンの単回投与が、48時間後の症状完全消失に効果があることがわかった。なお24時間後の症状完全消失については、有意な改善はみられ…

    2017/04/27 04:00:00

  • 1型DMの網膜症スクリーニング、適切な実施頻度は?/NEJM

     1型糖尿病患者への網膜症スクリーニングについて、当初の網膜症の程度と平均糖化ヘモグロビン値を鑑みることで、適切な実施頻度が明らかになった。現在、同患者には毎年の広角眼底検査が推奨されているが、それに…

    2017/04/27 04:00:00

  • ニボルマブ、胆道がんの先駆け審査対象品目に

     小野薬品工業株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:相良暁)とブリストル・マイヤーズ スクイブ社は2017年4月24日、ヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体ニボルマブ(商品名:オプジーボ)が、4月21日付で「胆…

    2017/04/27 04:00:00

  • 初発統合失調症患者の脳変化を調査

     統合失調症患者では、進行性の脳体積減少が認められ、抗精神病薬曝露との関連が報告されている。南アフリカ・ステレンボッシュ大学のR Emsley氏らは、抗精神病薬ナイーブの初発エピソード統合失調症患者における…

    2017/04/27 04:00:00

  • 飲酒と前立腺がんリスクの関連、ビールとワインで逆

     大量飲酒で悪性前立腺がん(APC)リスクがわずかに増加することが最近の研究で示されているが、飲料の種類ごとの関連は一致していない。今回、オーストラリア・Cancer Council VictoriaのN P Papa氏らが症例対照…

    2017/04/27 04:00:00

  • 失業や再就職により脳卒中リスクが上昇―日本人研究

     失業すると脳卒中による死亡リスクが高まる可能性があることが、大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学客員准教授のEhab Eshaks氏らの研究で示唆された。

    2017/04/27 04:00:00

  • 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表

     日本呼吸器学会は4月21日、3年以上の年月をかけて作成した「成人肺炎診療ガイドライン2017」を発表した。これまで肺炎診療のガイドラインは、成人市中肺炎(CAP:community acquired pneumonia)、成人院内肺炎(HAP:hospital acquired pneumonia)、医療・介護関連肺炎(NHCAP:nursing and healthcare associated pneumonia)と、肺炎の病型ごとの3つのガイドラインが作られてきたが、それを1つにまとめて単純・明確化し、非専門の医師にとっても使いやすくすることを目指した。最大のポイントは、繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎などに対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込んだ点だ。

    2017/04/27 00:00:00

  • DHAは早産児の気管支肺異形成を減らさない

     早産児に見られる重篤な合併症の一つが気管支肺異形成症だ。これまでの研究では、ドコサヘキサエン酸(DHA)が気管支肺異形成症のリスクを低下させる可能性が示唆されていた。豪州South Australian Health and Medical Research InstituteのCarmel T. Collins氏らは、在胎29週未満で出生した早産児に対するDHA投与に利益はなく、逆に有害になる可能性があると報告した。結果はNEJM誌2017年3月30日号に掲載された。

    2017/04/27 00:00:00

  • 高齢者への漢方薬処方にはエビデンスがあるか

    最近、近くの診療所の先生が高齢患者に漢方薬を処方するようになりました。どの漢方薬にどのようなエビデンスがあるのでしょうか。注意すべき点も一緒に教えてください。(40代男性)

    2017/04/27 00:00:00

  • 高速実験炉「常陽」審査保留 規制委委員長「ひどい申請内容」

    廃炉が決まった「もんじゅ」に代わって高速炉用の実験炉として国が活用するとしている茨城県にある「常陽」について、原子力規制委員会は、事故の想定が甘いなど運転再開の前提となる審査の申請内容が不十分だとして、審査をいったん保留にしました。田中委員長は定例会見で、「ひどい申請内容だ」などと、事業者の姿勢を厳しく批判しました。

    2017/04/26 21:28:50

  • 使用済み核燃料は金属製容器で保管 規制基準見直しへ

    原子力発電所から出る使用済み核燃料の保管について、原子力規制委員会は、燃料プールに入れて水で冷やす方法より、金属製の容器に入れて空気で冷やす「乾式貯蔵」のほうが安全性が高いとして、この保管方法を進めやすいよう規制基準を見直すことになりました。

    2017/04/26 20:56:48

  • 8K顕微鏡を開発 体内をスーパーハイビジョンで観察

    8Kスーパーハイビジョンの鮮明な映像で生き物の体内の様子を観察できる特殊な顕微鏡を、自治医科大学などの研究グループが開発しました。従来の電子顕微鏡の16倍という広い範囲を観察できるのが特徴で、病気の原因の解明などに役立つと期待されます。

    2017/04/26 17:12:09

  • 理化学研究所100周年 両陛下も出席し記念式典

    理化学研究所の創立100周年の記念式典が、天皇皇后両陛下も出席されて東京で開かれました。

    2017/04/26 16:58:34

  • 高速炉開発は電力環境の変化考慮し在り方検討を 国の原子力委

    原子力の重要な課題に取り組む組織として再スタートした国の原子力委員会は、新しい原子力利用の指針となる「基本的な考え方」の案を取りまとめました。国が「もんじゅ」を廃炉にする一方で、推進するとした高速炉開発については、電力を取り巻く環境の変化を考慮して在り方を検討する必要があると指摘しています。

    2017/04/26 16:38:10

  • 遺伝子組み換え食品の表示見直し 検討始まる

    遺伝子組み換え作物を使った食品の表示について見直しを検討する消費者庁の有識者検討会が26日から始まり、表示の対象を拡大するかどうか議論を深めたうえで、来年3月をめどに報告書をまとめることになりました。

    2017/04/26 16:31:20

  • 【ディオバン裁判】判決が意味するものとは~ジャーナリスト・村上和巳の傍聴レポート(前編)

    高血圧治療薬・ディオバンの臨床研究で、ノバルティスファーマの元社員・白橋伸雄被告と法人としてのノバルティスファーマが、薬事法(現・医薬品医療機器法)違反に問われた裁判。

    2017/04/26 16:00:48

  • 朝ドラ「ひよっこ」東京編 竹内涼真さんら新出演者発表

    今月から放送が始まったNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の出演者が新たに発表され、上京したヒロインが暮らす同じアパートの住人を演じる竹内涼真さんなどが抱負を語りました。

    2017/04/26 15:50:33

  • 小学生に人気「かいけつゾロリ」発行30年

    累計発行部数が3500万部を超える人気の児童書「かいけつゾロリ」シリーズが、第1作の発行からことしで30年となるのを記念する展覧会が東京の百貨店で始まりました。

    2017/04/26 14:46:39

  • グラム陰性連鎖桿菌によるコンドロイチン分解・吸収機構を解明-京大ら

    京都大学は、鼠咬症を引き起こすグラム陰性連鎖桿菌が、動物の細胞外マトリックスの主な成分グリコサミノグリカンをどのように分解・吸収するのか、その分子メカニズムの一端を明らかにする研究結果を発表した。

    2017/04/26 13:45:04

  • 生化学・免疫統合型自動分析装置「コバス8000 」発売-ロシュ・ダイアグノスティックス

    ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は、統合型自動分析装置「コバス8000 <702|801>」を4月27日に発売することを発表した。

    2017/04/26 13:30:37

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤、「先駆け審査指定制度」対象品目に-第一三共

    第一三共株式会社は、株式会社Orphan Disease Treatment Instituteと共同で開発しているDS-5141(デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療剤)が、先駆け審査指定制度の対象品目に指定されたことを発表した。

    2017/04/26 12:45:58

  • オプジーボ、胆道がんを対象に「先駆け審査指定制度」対象品目に指定-小野薬品

    小野薬品工業株式会社とブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、「オプジーボ(R)点滴静注」(一般名:ニボルマブ)について、「胆道がん」を対象に、「先駆け審査指定制度」の対象品目として指定を受けたと発表した。

    2017/04/26 12:15:35

  • 【厚労省】新薬5品目を先駆け指定-バイオジェンのAD薬など

    厚生労働省は21日、世界に先駆けて新薬の開発や実用化を進める「先駆け審査指定制度」の対象に、バイオジェン・ジャパンのアルツハイマー病治療薬など5品目を指定した。

    2017/04/26 10:45:07

  • 【厚労省】薬局改革でアクションプラン-ビジョン実現へ基本的方針

    厚生労働省は、非公開で検討してきた「患者のための薬局ビジョン実現のためのアクションプラン検討委員会」の報告書をまとめた。

    2017/04/26 10:30:37

  • ソーシャルメディアへの投稿、医師として慎重に行動を

    ソーシャルメディアへの不適切な投稿が問題視されることがあるが、医師も例外ではない。。

    2017/04/26 10:00:21

  • 塩分を減らす7つの方法…糖尿病食事指導スライド

    食事指導で「塩分を控えめに」と言うのは簡単ですが、「じゃあ、どうやって?」と問われたとき、どう答えますか。このスライドでは、減塩メニューの具体的な方法を示します。

    2017/04/26 10:00:10

  • MitraClip、次なるターゲットは三尖弁閉鎖不全症

    僧帽弁治療だけでなく、三尖弁閉鎖不全の新治療デバイスとして注目されるMitraClip。すでに同治療が実施されているドイツから、金子氏が最新の臨床研究と手技にまつわる課題を解説。

    2017/04/26 10:00:00

  • ポール・マッカートニーさん 日本武道館で公演

    来日中の世界的なミュージシャン、ポール・マッカートニーさんが25日夜、51年前のザ・ビートルズの来日公演の舞台となった日本武道館のステージに立ち、集まった1万人余りのファンを沸かせました。

    2017/04/26 06:30:44

  • ロサンゼルス市が「ラ・ラ・ランド」の日を制定

    アメリカ・ロサンゼルス市は地元を舞台にした映画で、ことしのアカデミー賞で6部門を受賞した「ラ・ラ・ランド」の成功をたたえて、4月25日をラ・ラ・ランドの日と定め、市庁舎で記念の式典が行われました。

    2017/04/26 05:16:49

  • 増加するPM2.5とオゾンの疾病負荷への影響/Lancet

     世界の疾病負荷は、過去25年間で、とくに低~中所得国における人口の高齢化、非感染性疾患割合の変化、大気汚染の進行により、増加し続けている。今回、米国・健康影響研究所のAaron J Cohen氏らが行った最新の調…

    2017/04/26 04:00:00

  • 自動車事故リスク、うつ病や抗うつ薬ではどうか

     自動車事故とうつ病や抗うつ薬との関連について、米国・カリフォルニア大学サンディエゴ校のLinda L Hill氏らがレビューを行った。Injury epidemiology誌オンライン版2017年4月3日号の報告。

    2017/04/26 04:00:00

  • 知ってほしい希少疾病「PTCL」

     2017年4月21日都内にて、「末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)の治療戦略と新たな一歩」と題するセミナーが開かれた(主催:ムンディファーマ株式会社)。演者である畠 清彦氏 (公益財団法人 がん研究会有明病院 血液…

    2017/04/26 04:00:00

  • 周辺視野には大きな個人差があると判明

     視野の中心にない物体を見る能力、すなわち周辺視野にある物体を見つける能力には著しい個人差があることが、英ロンドン大学(UCL)のJohn Greenwood氏らの研究で分かった。

    2017/04/26 04:00:00

  • 統合失調症患者では重篤な感染症のリスクが高い

     統合失調症患者は重篤な感染症のリスクが高い可能性があると、新たな研究で示された。研究著者である南デンマーク大学のMonika Pankiewicz-Dulacz氏らは、「予備的研究から、統合失調症の人は一般集団に比べて、…

    2017/04/26 04:00:00

  • 2型糖尿病、身体活動量が増えるとEDリスク低下?

     日本人の男性2型糖尿病患者では、身体活動量が増えるほど勃起不全(ED)リスクは低下する可能性があることが、愛媛大学大学院疫学・予防医学講座の古川慎哉氏らの検討で示唆された。詳細は「Journal of Diabetes …

    2017/04/26 04:00:00

  • 再生医療で敗血症、細胞汚染原因で初報告

     厚生労働省は19日、再生医療を受けた人が敗血症になったことを明らかにした。再生医療に使われた細胞投与液の汚染が原因とみられる「重大事態報告」は初めて。同日開かれた厚生科学審議会再生医療等評価部会で再…

    2017/04/26 04:00:00

  • 放射線被曝から水晶体を守る対策を、厚労省

     厚生労働省は4月18日付けで、都道府県や医療関係団体に対して、放射線業務に従事する人の水晶体を被曝から守るため、被曝低減策を強化するよう求める通知を出した。2011年に国際放射線防護委員会(IARP)が『ソウル声明』で水晶体の等価線量限度の引き下げを勧告したが、この新基準が今後、国内の規制に反映されることを見越した対応として注目される。

    2017/04/26 00:00:00

  • 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき

     米国の成人の変形性膝関節症の有病率は約12%で、45〜64歳への人工膝関節全置換術(TKR)の年間実施率は2000年以降、約2倍に急上昇している。米Mount Sinai医科大学のBart S Ferket氏らは、現在行われている手術の利益とコストについて検討し、全体としては患者のQOLと質調整生存年(QALYs)に与える影響はわずかであること、手術対象患者をより症状が深刻な人々に絞れば有効性も経済性も改善すると報告した。結果はBMJ誌電子版に2017年3月28日に掲載された。

    2017/04/26 00:00:00

  • 医療・介護関連肺炎患者の8割がポリファーマシー

     ポリファーマシーが先か、医療・介護関連肺炎が先か?──。医療・介護関連肺炎(NHCAP)で入院した患者のカルテ情報の解析から、入院時処方薬剤数が5剤以上のポリファーマシー状態にある患者は8割に上ることが明らかとなった。ポリファーマシーがNHCAPの発症に関与したのか、NHCAPを発症しやすい患者がポリファーマシーになりやすいかは現時点では分からないが、肺炎発症リスクになりうる薬剤や処方理由が不明な薬剤が処方されており、今後の詳細な検討が注目される。4月23日まで都内で開催された第57回日本呼吸器学会学術講演会で、JCHO東京新宿メディカルセンター呼吸器内科の佐々木篤志氏らが発表した。

    2017/04/26 00:00:00

  • かかりつけ薬剤師・薬局が持つべき機能を提示

     厚生労働省は4月21日、「『患者のための薬局ビジョン』実現のためのアクションプラン検討委員会」(委員長:京都大学名誉教授の赤池昭紀氏、以下、AP検討委員会)の報告書を公表し、自治体や関係団体に周知の通知を発出した。地域包括ケアシステムの一翼を担い、患者ニーズに応えるため、かかりつけ薬剤師・薬局として(1)服薬情報の一元的・継続的把握とそれに基づく薬学的管理・指導、(2)24時間対応・在宅対応、(3)医療機関などとの連携――の機能を備える必要性を示した。

    2017/04/26 00:00:00

  • ブロプレスの指導に改訂前のエビデンス!?

     前回は、「疑義照会をしなくても良さそうな論文があっても、個別指導では、やっぱり添付文書が基本になってしまいます」というエピソードをご紹介しました。でも、そんな個別指導でも「エビデンス」が問われることがあったんですよね……。それだけ聞いたら「一体どっちなんだっ!?」と思ってしまいますよね〜(汗)。

    2017/04/26 00:00:00

  • 日医副会長「糖尿病対策に検体測定室を生かした連携を」

     2017年4月22日に開催された第2回全国ファーマシーフェアでは、日本医師会副会長の今村聡氏が、一般公開講演に登壇した。講演のテーマは、「今後の医療のあり方とかかりつけ薬剤師に期待すること」。

    2017/04/26 00:00:00

  • 高浜原発4号機 来月中旬にも再稼働へ 3号機は6月上旬

    運転停止を命じる仮処分の決定が取り消された、福井県にある高浜原子力発電所3号機と4号機について、関西電力は早ければ、4号機を来月中旬に、3号機を6月上旬に再稼働する方針を明らかにしました。

    2017/04/25 21:50:57

  • 広島 原爆資料館東館の改修終わる 26日から一般公開

    広島市の原爆資料館の東館で行われていた改修工事が終わり、新設された展示内容が、25日報道関係者に公開されました。

    2017/04/25 19:23:57

  • 中学生プロ棋士の活躍で将棋アプリが人気

    史上最年少で将棋のプロ棋士となった中学3年生の藤井聡太四段の活躍などで若い世代の間でも将棋への関心が高まる中、AI=人工知能を活用した将棋のアプリが人気を集めています。

    2017/04/25 18:26:16

  • 世界遺産の橋野鉄鉱山 台風被害調査で新発見か 岩手 釜石

    岩手県釜石市にある世界遺産「橋野鉄鉱山」について、市が去年8月の台風による被害の調査を行ったところ、これまで文献でしか存在が分からなかった炉の一部と見られる部品が見つかりました。この炉は貨幣の製造などに使われていたということで、専門家はさらに発掘を進めれば鉱山の全体像の解明につながる可能性があると話しています。

    2017/04/25 13:48:04

  • DNAが細胞核の弾性を支えるバネの役割を果たしていることを明らかに-遺伝研

    情報・システム研究機構国立遺伝学研究所は4月21日、細胞の核の「強さ」が産み出される仕組みを、物理の先端技術と生化学の研究手法を用いて明らかにしたと発表した。

    2017/04/25 13:00:06

  • 乳幼児期の腸内細菌叢成熟化が腸管感染抵抗性に重要であることを明らかに-慶大ら

    慶應義塾大学は、乳幼児期の腸内細菌叢の成熟化が腸管感染抵抗性に重要であることを明らかにしたと発表した。。

    2017/04/25 12:45:52

  • 「ベンラリズマブ」P3試験の日本人サブグループ解析結果を発表-AZ

    アストラゼネカ株式会社は4月21日、ヒト化抗IL-5受容体αモノクローナル抗体製剤ベンラリズマブ(遺伝子組換え)の第3相国際共同試験(CALIMA試験)のサブ解析を発表した。

    2017/04/25 12:15:01

  • AG/GEについての現場調査、使用促進は薬剤師の働きかけが鍵-SMS

    株式会社エス・エム・エスは、薬剤師向けコミュニティサイト「ココヤク」にて、「AG/GEについての現場調査」を実施し、薬剤師203名からの回答を得たと発表した。

    2017/04/25 12:00:12

  • 患者さんが言う「じんましん」は大抵…

    「赤くなっちゃって、じんましんですかね?」と患者さんが外来で訴えるケースがあります。しかし、よく診察してみると…。そんな「医療あるある」を皮膚科専門医のDr.デルぽんがゆるくお届けします。

    2017/04/25 10:00:10

  • 追われる夢は何を表す?…シネマセラピー

    ひたすら何かに追われる夢や、突飛な展開が続く夢…。夢を自分でコントロールすることはできるのか? SFアニメ映画「パプリカ」を題材に、夢と睡眠の仕組みを紐解く。

    2017/04/25 10:00:00

  • 「空飛ぶ車」米のベンチャー企業が開発 年内に発売へ

    ドローンのように空中に浮かび、バイクのようにまたがって操縦する「空飛ぶ車」のような1人乗りの飛行機をアメリカのベンチャー企業が開発し、次世代の乗り物として注目を集めそうです。

    2017/04/25 09:45:47

  • マラリアのワクチン推奨を判断 WHOが大規模接種へ

    世界で毎年、数十万人が命を落としている感染症、マラリアへの対策として、WHO=世界保健機関はイギリスの製薬会社が開発したワクチンを各国に推奨するかどうか判断するため、来年からアフリカで大規模な接種を実施してデータを集めることになりました。

    2017/04/25 07:55:02

  • 2025年の万博を大阪で 立候補を届け出

    政府は2025年の万博への大阪の立候補をBIE=博覧会国際事務局に届け出ました。今後、フランスなどとの間で誘致をめぐる駆け引きが活発になりそうです。

    2017/04/25 05:07:02

  • 米国の若年発症糖尿病、10年間で有意に増加/NEJM

     米国の若年者における1型および2型糖尿病の発症は、2002~12年に有意に増加し、とくに少数人種・民族で増加率が高いことが、米国・ノースカロライナ大学チャペルヒル校のElizabeth J Mayer-Davis氏らが行ったSEAR…

    2017/04/25 04:00:00

  • iFR vs.FFR、即席麺が老舗の味に肩を並べたのか?DEFINE-FLAIR試験(解説:中野 明彦 氏)-672

    iFR(instantaneous wave-free ratio)は、ずっとFFRの背中を追いかけてきた。FFR(fractional flow reserve)は、冠動脈病変の生理的・機能的評価のゴールドスタンダードである。最大充血を誘発することで末梢血管…

    2017/04/25 04:00:00

  • 医師主導で進むプレシジョン・メディシン―第15回 肺がん医療向上委員会

     4月13日(木)、都内で日本肺癌学会主催の第15回 肺がん医療向上委員会が開催され、「肺がん領域におけるプレシジョン・メディシン:その影響と将来」をテーマに後藤 功一氏(国立がん研究センター東病院 呼吸器…

    2017/04/25 04:00:00

  • カテーテルによる三尖弁形成術の初期段階の実用性は?

     機能的な三尖弁逆流(TR)は有病率が高いうえ進行することが多く、予後にも影響を与える。AHA/ACC(American Heart Association/American College of Cardiology guidelines)のガイドラインによると、三尖弁の修…

    2017/04/25 04:00:00

  • RA治療評価には「患者の主観」も重要

     2017年4月17日、東京において日本イーライリリー株式会社主催で「関節リウマチにおけるPROの重要性と患者さんの求めるQOL」と題したプレスセミナーが開催され、リウマチ医療における最新のPRO(患者報告アウトカ…

    2017/04/25 04:00:00

  • 日本のDPCデータより統合失調症診断患者を分析

     QOLや社会的機能が改善された臨床的寛解を達成するためには、患者特性ごとに最適な治療を考慮する必要がある。これまでのエビデンスでは、統合失調症の再発予防に対する抗精神病薬持効性注射剤(LAI)の使用が支…

    2017/04/25 04:00:00

  • 糖尿病神経障害に伴う痛みの軽減に有効な薬とは?

     糖尿病の三大合併症の1つである糖尿病神経障害は、手足のしびれや痛み、感覚の鈍麻といった症状をもたらし、患者の生活の質(QOL)を大きく損なう。「Neurology」オンライン版に3月24日掲載された新しい研究では…

    2017/04/25 04:00:00

  • アテゾリズマブ、白金化学療法不適格の尿路上皮がん1次治療に承認:FDA

     ロシュ社は2017年4月18日、米国食品医薬品局(FDA)がプラチナベース化学療法不適格の局所進行または転移性尿路上皮がん患者に対するアテゾリズマブの投与について、迅速承認したことを発表した。アテゾリズマブ…

    2017/04/25 03:59:00

  • 高齢者への多剤投与対策、指針策定へ

     厚生労働省は17日、高齢者医薬品適正使用検討会(座長=印南一路・慶大総合政策学部教授)の初会合を開き、高齢者への多剤投与(ポリファーマシー)を減らすためのガイドライン(指針)を、2018年度末をめどに策…

    2017/04/25 03:59:00

  • 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰

    死亡診断書の死因病名が「肺炎」「誤嚥性肺炎」とされていた症例の約7割は、実際には肺炎が直接の死因ではなく、加齢性変化による衰弱などによって死亡している――。三重県立総合医療センター呼吸器内科の寺島俊和氏が、4月21〜23日に都内で開催された第57回日本呼吸器学会学術講演会で発表した。

    2017/04/25 00:00:00

  • 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開発

     

    2017/04/25 00:00:00

  • 財務省の薬価制度の改革資料に驚き

     財務省の財政制度等審議会財政制度分科会が4月20日に開催され、その資料がウェブサイト上で公開されています。既にご覧になった方も多いのではないかと思います。

    2017/04/25 00:00:00

  • 新潟薬科大学、薬学部新設計画を見直し

     新潟薬科大学を運営する学校法人新潟科学技術学園は、2019年4月の開設を目指していた長野薬学部(仮称)の設置計画を見直す。費用負担と用地確保がネックとなり、計画の再検討を迫られているためで、17年4月24日と5月26日の理事会で議論する予定だ。

    2017/04/25 00:00:00

  • 早産へのステロイド投与が新生児死亡率を減少

     ガイドラインは早期産になりそうな妊婦に対するステロイド投与を推奨しているが、妊娠30週以前の早期産はサンプル数が少なく、ステロイド投与のエビデンスが明確ではなかった。米Alabama大学Birmingham校のColm P Travers氏らは、ステロイドが新生児の院内死亡率や合併症リスクを減少させるかどうかを確認するため、前向きコホート研究を実施した。結果は、23〜34週で早期産となる可能性がある女性に対するステロイド投与を支持した。詳細は、BMJ誌電子版に2017年3月28日に掲載された。

    2017/04/25 00:00:00

  • 大飯原発訴訟 規制委元委員「想定の揺れ 過小評価」

    福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機の再稼働を認めないよう住民が求めている裁判の2審で、原子力規制委員会の元委員が証人として呼ばれ、「想定される最大規模の地震の揺れが過小評価されている」と指摘しました。

    2017/04/24 20:52:14

  • 太平洋クロマグロ NGO「日本の規制は不十分」

    資源の枯渇が懸念される太平洋クロマグロについて、国際的な環境NGOが都内で記者会見し、日本の漁獲規制には長期的な目標がなく、違反も相次いでいるとして、より厳しい内容に改めるべきだと訴えました。

    2017/04/24 20:17:40

  • 高畑充希さんなどの画像 盗み見か 男を書類送検

    女優の高畑充希さんや、人気アイドルグループのAKB48のメンバーなどが個人で利用していた、画像などのデータを保存するインターネットのサーバーに不正にアクセスしたとして、福岡市の26歳の男が書類送検されました。警察は、男が保存されていた画像などを盗み見ていたと見ています。

    2017/04/24 19:27:55

  • 藤井四段と対局の加藤九段「若いながらも作戦巧者」

    史上最年少で将棋のプロ棋士となった中学3年生の藤井聡太四段が、23日夜、インターネットで配信された非公式戦の対局で、羽生善治三冠を破ったことについて、藤井四段のデビュー戦で対局して敗れた加藤一二三九段が、NHKのインタビューで、「若いながらも相手の得意・不得意が見えていて、『作戦巧者』だ」と驚きを語りました。

    2017/04/24 17:47:27

  • 俳句を世界無形文化遺産に ゆかりの地が協議会設立

    世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産として、新たに「俳句」の登録を目指そうと、松尾芭蕉のふるさととして知られる三重県伊賀市をはじめ、俳句にゆかりのある自治体などが協議会を設け、今後、署名活動などに取り組んでいくことになりました。

    2017/04/24 16:30:16

  • 玄海原発3・4号機 佐賀県知事が再稼働同意を表明

    佐賀県にある玄海原子力発電所3号機と4号機について、佐賀県の山口知事は24日午後、記者会見を開き、再稼働に同意すると表明しました。新しい規制基準の下で、再稼働に立地自治体と県が同意するのは、鹿児島県や愛媛県などに続き、全国で4か所目です。

    2017/04/24 15:07:01

  • シルクマブ、日本人の関節リウマチ患者対象のP3試験結果をJCR総会で公表-ヤンセン

    ヤンセンファーマ株式会社は、中等度から重度の活動性関節リウマチ患者の治療を目的として開発中のヒト型抗インターロイキン-6モノクローナル抗体製剤シルクマブの皮下投与における有効性及び安全性を評価する2つの主要な第3相臨床試験の日本人患者における結果を日本リウマチ学会総会にて公表したと発表した。

    2017/04/24 13:45:55

  • 小型肝細胞の元となる前駆細胞を同定、継代培養可能な長期間培養法を確立-札幌医科大

    札幌医科大学は、健常ラット成体肝臓に存在している小型肝細胞の前駆細胞を同定し、継代培養可能な長期間培養法を確立したと発表した。

    2017/04/24 13:30:47

  • インフルエンザウイルスを選択的に検出する導電性プラスチックを開発−東京医歯大

    東京医科歯科大学は、ヒトインフルエンザウイルスを選択的に捕捉する新たな導電性高分子を開発したと発表した。。

    2017/04/24 13:00:49

  • 米ジェネリック医薬品企業アップシャー・スミス・ラボラトリーズ社を買収-沢井製薬

    沢井製薬株式会社と米国のアップシャー・スミス・ラボラトリーズ社(USL)は、沢井製薬がUSLのジェネリック医薬品事業を買収することに合意したと発表した。

    2017/04/24 12:30:28

  • 玄海原発3・4号機 佐賀県知事が再稼働同意表明へ

    佐賀県にある玄海原子力発電所の3号機と4号機について、佐賀県の山口知事は、24日午後、記者会見を開き、再稼働に同意することを明らかにする方針です。新しい規制基準のもとで、原発の再稼働に立地自治体と県が同意するのは全国で4か所目になります。

    2017/04/24 12:09:00

  • 【財政審】調剤報酬の抜本適正化を-新薬創出等加算は廃止要求

    財務省は20日、財政制度等審議会財政制度分科会を開き、2018年度予算編成に向けた社会保障改革を議論した。。

    2017/04/24 10:30:50

  • 抗菌薬適正使用実践へ手引き-医薬系8学会が策定

    医学・薬学系8学会は、院内における感染症専門の医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師が抗菌薬適正使用支援プログラム(ASP)を実践するため、行動すべき内容をまとめたガイダンス案を公表した。

    2017/04/24 10:15:13

  • ナースコールへの対応、遅くなる理由は?小児病院で調査実施

    入院している小児が不安になってナースコールを鳴らしても、看護師が即座に駆けつけられるとは限らないが、その理由を調べた新たな研究結果が報告された。

    2017/04/24 10:00:55

  • 偏差値の計算方法、ご存じですか?

    集団の特徴や傾向を表現する、平均値や標準偏差などの基本統計量を再確認します。知っているようで知らない偏差値の計算方法も、この機会に理解しておきましょう。

    2017/04/24 10:00:10

  • iFRの臨床的有用性を検証したDEFINE-FLAIR study

    FFR Club Japanの協力のもと、適切なPCIの推進に重要な役割を担う冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve:FFR)に関する最新論文を紹介していく。

    2017/04/24 10:00:00

  • 卵は食べてないと思っていたのに!

    コレステロール値を気にして、卵の摂取を控えていた患者さん。しかし、別の食品に落とし穴が。ふだん患者さんが食べているものへの気付きの指導について坂根直樹氏が解説。

    2017/04/24 10:00:00

  • 元落語協会会長の三遊亭圓歌さん 死去

    古典から新作落語まで歯切れのよい語り口で知られ、落語協会の会長も務めた三遊亭圓歌さんが23日、都内の自宅で体調を崩し、搬送された病院で亡くなりました。85歳でした。

    2017/04/24 08:12:09

  • 経口ステロイド​短期投与で有害事象が2~5倍に/BMJ

     米国の民間保険加入の成人患者では、約5例に1例が経口副腎皮質ステロイド薬の短期投与を処方されており、主要有害事象である敗血症、静脈血栓塞栓症、骨折のリスクが、非投与例の自然発生率の約2~5倍に高まるこ…

    2017/04/24 04:00:00

  • クローン病に新たな治療アプローチ、IL-23阻害薬/Lancet

     インターロイキン-23(IL-23)のp19サブユニットを標的とするヒト型モノクローナル抗体製剤risankizumabは、活動期クローン病の臨床的寛解導入において、プラセボよりも高い効果を発揮することが、カナダ・ウェス…

    2017/04/24 04:00:00

  • 善玉ナトリウム利尿ペプチドは急性心不全には効かない?(解説:絹川 弘一郎 氏)-671

    心不全の悪玉は交感神経系とレニン・アンジオテンシン系である、といわれてきた。一方、診断や重症度分類に有用なナトリウム利尿ペプチドはANPとBNPが代表であり、血管拡張作用とあわせて善玉ではないかと推察され…

    2017/04/24 04:00:00

  • 出生年によって子宮頸がんリスクに大きな差

     わが国では、2013年に厚生労働省が「積極的なHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種勧奨の中止」を発表後、接種率が急激に低下した。今回、大阪大学産婦人科が中心となって運営している大阪府下での疫学研究…

    2017/04/24 04:00:00

  • 認知症予防、毎日の野菜・果物摂取が大切

     食生活の是正は、潜在的に認知症リスクを軽減する可能性があるが、果物の重要性や認知機能維持に必要な野菜や果物の量については不明である。中国・香港中文大学のAllen T C Lee氏らは、WHOにより推奨されている…

    2017/04/24 04:00:00

就職・転職支援サービス

気になる求人

※気になる求人はありません。

求人詳細ページの「気になる」ボタンを押すと、こちらに求人が表示されます。

最近見た求人

※最近見た求人はありません。

求人詳細ページを閲覧すると、こちらに求人が表示されます。